外国人パブのホステスと仲良くなるための会話術

貴方は、彼女をもっと見たくてたまらないですよね?なにしろ最初の事故紹介では彼女の目ばかりを見ているのですから(笑)
(ずっと見続けていたらだめですよ?キモくなります)

彼女との会話が始まったならば、貴方は彼女の全体を捉えて話が出来るような体勢になっているはずです。その時にはじめて、彼女の口元や鼻など、顔全体にゆっくり視線を移しながら会話を進めてください。 

絶対にせわしなく彼女の顔を見回すような視線を送っては駄目です。あくまでゆっくり、会話をしながらが条件です。貴方はここまで完璧に進めてきたのですから、余裕のある男なんです。

ゆっくり少しずつでも彼女の全体のスタイルを見ることはできます。彼女の身体は、そう遠くない未来に嫌というほど見ることが出来る事ですし(笑)

彼女に対しての貴方の姿勢はガッチリ彼女の方を向いてしまうのではなく、気持ち彼女の方に身体をむけ、少し首を向けたところで彼女を見るくらいがベストな姿勢です 

面識のあまり無い(又は全くない)「異性」が最初から「ガバッと」正面を向かれると有る意味「身構えて」しまい防衛本能が働いてしまいます。話をしながらも、時々正面を向いたり、姿勢を、テーブル正面に戻してみたり、その場面での方向転換も交えることも大切です。

ここでも、数分置きに姿勢を変えたり、落ち着きのない動作は絶対にしないで下さい。あくまでグラスを持つその時、 彼女との会話のその間に等の、「話や所作の隙間で動いていく事がポイント」です。

会話の中には貴方の生活や、人間関係などのことに触れてくる事もあるでしょう。女性関係や、外パブの遊興歴などにも言及してくることもあるかと思います。

貴方の生活に話を持っていかれるということは、彼女達は既に貴方に興味を示したサインですので、ここで失敗は許されませんよね!

お決まりの会話だろ!という人がいそうですね。お決まりなのは 一方通行で膨らまない会話の事をいうのです。

今までのあなたはきっとこの『1往復』で話が終わっていたのでしょう。美女が「そう。」とか「ふーん」とかで終了・・・
という様なパターンではなかったですか?

私が言っている場合では、ここからが広がるんです!

もし、自分の話に話題が及んできたならば、少し視線を落としたり、照れた仕草をしてみるのも 効果があります。

堂々と余裕ある貴方の「シャイ」なところは、彼女達は見逃しませんよ。日本人男性は、彼女達の目からみれば、もともと「幼く」見えるのですから。

先ほど私が述べた、子供への「かわいい」効果です。頼りになる(その様にみせているのだが(笑))貴方がその様なシャイなところを覗かせるのですから効果は即効性があることでしょう。

東ヨーロッパの中でも、「ロシア・ウクライナの女性にはかなり有効」です。

彼女達の国では、女性は独立心も強く、しっかりとしています。しかし、その心は、「母性から来るものがとても大きい」のです。頼りない男性に、多くのロシア人・ウクライナ女性はつかまり、結果離婚するケースが多く報告されているのも実情です。(私の友人のウクライナ女性は本国で仕事をしながら夫の世話をしていますよ。

それでいて、男は酒をしこたま飲み、DVも日常に行われています。日本より遥かに高い数値でこの事が行われていれば、「情に厚い日本人と結婚したがる女性が増える」のも無理ありませんよね。

だから、本当に彼女達が求める日本人男性というのは『優しく頼りになる、それでも自分に甘えてくるような、子供心を持った男』です。それを演じられると彼女たちはあなたの魅力にどんどん惹かれていきます。

絶対話したいホステスの心の壁をとりはらう3つの話題とは

お店で働くホステスたちの心の壁はどのような会話をすることで取り除くことができるのでしょう。

心理的な心の壁を取り除く3つの話題を見ていきましょう。

  • 彼女達の母国と日本の季節による、花や果物・風習や・文化の違いを一緒に見つける
  • 両国の中にも同じ様な文化、風習など、民族かんでの同じ価値観をこれも一緒に見つける
  • 彼女の母国に関することについて、彼女達が持っている「思い出」などを話させる。

最初の来店で話す内容はこの三つで充分です。この話をしている間に時間がきますよ。

なぜ彼女たちの母国の思い出を話させるのか。これには理由があります。彼女たちにこの話をさせることによって、彼女達の家族構成や恋愛歴などもさり気なく聞きだすことができます。

たとえば
「ロシアでは●●をその時にはするんだよ。」
というような話。

そこで貴方は「家族と一緒に?」とか「そのときの恋人はきっと楽しかったんだろうね。」とか。このような質問をすることで彼女も様々なことをあなたに教えてくれるはずです。

キャバクラと違い美女達は来日している外国人、自分の話を聞いてくれる日本人に対しては 大きな好感を抱きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする