ロシア人、ウクライナ人からみた好感度の高いファッションについて教えて!!

外人パブに来店する日本人の客の多くは、大変申し上げにくいのですが、非常にファッションセンスがよろしくない・・
「規格外にダサい人が多い」のです。

訪問者の中には若い人もいる思いますが、「貴方も例外ではありませんよ。」と断言したい。

日本での歳相応の若い人向けのファッションでは、ハイセンスな人でなければ、 ただ「子供」としか見られませんよ。彼女達は、見るからに子供の男とは「SEX」なんてしませんので!!
そして、ハッキリ申しあげます。モテないお客さんが多く存在している』ということです。勿論例外もいますが外人パブに来店する男性の多くは、キャバでもスナックでもイマイチ振るわなかった人が多いというわけです。

そして、それをわきまえている彼女達は、なるほど『楽しい時間』を演出することは、 キャバ嬢よりも上手です。しかし内面は『カモ』としての『持ち上げ作業』のうちである事が通常なんです。

「エロくて」「ダサくて」「モテなくて」それでも、『金払いがよい』ならば、彼女達にとっては『カモがネギ背負って店に来た』感覚です。逆にそのことは貴方にとっては「プラス材料以外のほかでもない」ことをお忘れなく!

いつもダサい(笑)日本人ばかり見てる彼女達にとって、ビシッときまった客が入ってくるだけで、興味はそこに注がれることは 言うまでもありません。

貴方は、ぜったいにこの位置にくるべきなんです。それだけで本当に違ってきますから!

まず20代の若い層の人達には『現在日本で流行っている若者層のファッションよりも、3~5歳上の世代で流行しているようなスタイルをチョイス』してください。日本人は、只でさえ欧米人から見たら幼く見えてしまうため、若者層の流行のスタイルでは『歳より幼く』見られ、子供という感覚で対応され、軽視されかねません。

ロシア・ウクライナ等の東欧圏の美女達は、若すぎる男性には興味を抱きません。 逆に、30代前半の人達の流行を、20代の男性が見事にきめているだけで、「できる」イメージを植えつけられます。

「子供な日本人は好きではないが、大人な若者は大好きなのです。」かく云う私も30歳ですが、未だに20代前半に見られてしまうこともザラです。しかし、上記のように、少し上の世代の様な「シック」なイメージのファッションで来店し、会話をしていると、彼女達が先ず言うのは『貴方の恋人は日本人じゃないでしょ?』と言われます。 彼女達にとって、ファッションはとても敏感な部分です美的感覚の内容には差があれども、日本人女性よりも敏感です。 ヨーロッパでのスタイルをチョイスする事をお勧めします。

ファッション一つで、美女達の興味を引きつける事ができれば、あとの仕事(笑)もやり易くなるのです。

美女達は洋服の色使いもそのスタイルや方向性などを重視して、そこから日本人客の「プライベート」を掴もうとしているのです。20代の若者は、同世代の流行ファッションよりも, 3~5歳上の層のヨーロッパ流行のファッションを選んでください。『ダサい男はいつまでも財布扱いです。

40~50代の人にはまず、その年代にありがちな「柄物」のセーターやトレーナーは絶対に止めていただきたい!これは事実上の『カモネギ』であることを知らせている様なものです。

「おさわり」「エロ」の代名詞となり、美女達は「金使いはいい、我慢すれば大丈夫!」って考えます。この時点で美女達の心は「クローズ」です。

その年代の人たちは、恰幅のいい人が多いと思いますが、美女達が、信用、心を許すことへの妨げにはなりませんので 安心してください。多少太めでも彼女達にとっては恋愛対象から外れません。こちらの年代も、時代遅れの型のジーンズを履くよりも、無彩色系の「パンツ」をおすすめします。

インナーには少し色つき(派手な色ではない)の 流行モノのTシャツ(今の季節は長袖)に、ジャケット(ヨレヨレなものは駄目)など、貴方の年代の、ヨーロッパの流行ファッションやニューヨークのファッションがいいですね!

このような「洒落た中年層」の方が、若い男性よりも美女達の目をひきます。 若い男性には無い「安心感」は最大の武器ですから。

要は、「典型的な日本人のおっさんではない、清潔感のある格好をするだけ」でいいんです。

簡単でしょう? それが出来ない人が多すぎる!彼女達の美的感覚や文化等を「受け入れる」、ただそれだけのことです。

不思議と、「外人パブ」に来店する日本人男性は 「彼女達を軽視する人」「SEXをするための目的しか持っていない人」そんな日本人男性が多くて、 目にあまります。

扱い方をスマートにするだけで、彼女達の「最初の心の扉」を開くことは意外と簡単なのですよ。

『日本人中年男性特有の親父スタイルから脱却するべし!』
『欧州・ニューヨークの清潔感ある出来る中年ファッションを磨くべし』 

絶対に美女達と「SEX]出来るようになります。

もし外人パブにいくなら○曜日の○時がおすすめ。その理由は?

最初の来店は『木曜日』が良いと考えます。私の「客として」「勤めた側として」の経験上、木曜日から来店したときに出会った美女が比率よく「親しく」なっています。

火・水の中だるみが終わり、翌日金曜日は忙しくなりますよね?

そこで、彼女達も無意識に売り上げに対する『構え』を始める曜日なのです。週末は指名もとっていかなければいけない等、 ポイント稼ぎに必死です。その中で、前日の木曜日に客が着いたとなれば忙しい前日にラッキーだと思うでしょう。

このときについた美女が貴方好みであったならば、ここで「指名」するのも良い策です。しかも、美女達にとっては「いつも見てるダサい日本人じゃない」ということになれば、そういった週末のプレッシャーが貴方への興味へと変わります。貴方への好感度が上がるのは言うまでもありません。

時間は10:30~12:30頃がよいですね。いつものモテない親父たちは早い時間から来店し、美女の心を辟易させています。そこで、貴方が来店ですよ!嫌な時間をすごした後に貴方が来店する事でそこに「オアシス」が現れたようなもの。みんな貴方につきたがりますよ!

実際店員側からも、その雰囲気を見てきましたし、今では客としてその時間に訪れたとき、美女達から「かっこいい~!」とか、ちょっとしたざわめきが生じますので(笑) これは気持ちいいですよ~!

しかも美女達は少し酒もはいり、乗ってきている時間帯である事も「追い風」なり、貴方をサポートしてくれます。

一人で外パブに行くのが恐い!ベストな人数って何人?

最初の来店の理想人数ですが、「3人」くらいで出かけるのがベストでしょう。貴方の年齢にもよりますが、「接待」などに使うのは極力避けて下さい。只でさえ接待されるほうは上から目線であるのに、女性のお店では更にそれを増長させますよね。

美女たちは、日本語が完璧にわかるわけではありません。それは「ベテラン」であっても同様です。しかも、彼女達は、自分の恋人や友人にはとても尽くし顔をたてますが、他人には結構冷たく、しかも持ち前の「自立心の強さ」と「自尊心の強さ」から、このような舞台には向きません。

さて、話を戻して人数ですが、彼女達もマンツーマンでは会話の糸を探るのが大変ですし、 2人では仲の良い美女同士がついた時には「ほったらかされる」場合もあります。

3人であれば、1人は必ずその場を読み取り楽しい時間を作る美女がはいります。そして、3人と言うのは「まとまりにくい」数字で、これを上手く利用するのです。「まとまりにくいからそれを意識外でフォローしようという働きが生まれる」のです。

そのため、無意識に皆が心地よい中で時間を過ごそうとするので、上手く会話も進みます。この作用は男性陣にも当てはまりますので、不思議と自然に美女への気遣いが生じ、いい効果が期待できますよ!

そのホステスと仲良くなってきたら1人で来店するようにしよう

最初の来店では「3人」がいいということを述べました

2・3度はその人数が良いでしょう。美女の心が貴方に傾いてきたその頃からは「一人」での来店も決行しましょう。 私は一人での来店にはとても勇気を要します。

恥ずかしいんです(笑)

もし、貴方も恥ずかしがりならそれはとても武器になります。その感情をお目当ての美女に正直に話しましょう。それでも貴方が逢いに来てくれたことに感激してくれますよ! 一人の来店時に

あまり長居をすることはお勧めしません。ついついそうしてしまいがちですが、貴方は「暇ではない」のです。
「忙しい身でありながら、それでも美女に会いたかったから、短い時間でも来たんだ。」 
このスタンスです。

長居しようがしまいが効果は変らないのですから、ここでは「出費」を最小限におさえましょう。しかも貴方に心溶かしてきている美女ですから逆に短い時間の方が「後を引く」ので効果は高いのです。

この頃は連絡先(メアド)を入手しているはずですから「ありがとう」のメールを忘れずに!

この際も、仕事時間内ではなく 仕事終わり1時間後位がベストです。仕事中のメールは『流され』て終わります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする