ポーランド、ルーマニア、ロシア、ウクライナに彼女のいる俺がそれぞれの国を分析してみた

ポーランド人どんなテクニックを使っても絶対にセックスをさせてくれない女の子もいます。例外のように全く心を開かない美女がいる事も事実です。ですがそのようなホステスとも良き友人として長く付き合いを続けていく事は大事です。

なんせそこから生まれる「タナボタSEX」や 新しい出逢いが強力なのです。保証します!まちがえてもSEXできないからそんな女は要らない! という風にはならないで下さい。その様な人は「金髪デリヘル」の追加SEXをしていた方がマシですので。

東ヨーロッパの国民性では「友人に対しては、身を削ってでも助ける」という精神が息づいています。日本人とは、助ける精神の器の大きさが桁違いです。

私にも、残念ながら身体を許してもらえなかった美女の友人がポーランドにいますが私がポーランドへ行った際には、ホテルも要らない、食事代も外食時だけ。外へ遊びに出かけても「日本では私があなたにとても良くしてもらったのだから、私達の国にあなたがきたら、私達があなたを助けるのが当然でしょ!」と言われ、かかったお金はほぼ交通費だけでした。

しかも、彼女の友達なども勿論紹介してもらいました。その友達も、彼女の紹介ですから最初からとてもフレンドリーでしかも「日本人」の男に興味深々(笑)

そのうちの一人と私の間に「SEXの関係」が生まれたことは言うまでもありません(苦笑)

どこでどう転ぶか解らず、SEXできる美女とは確実に事を成し、更に様々なケースに対応できるように「網」を張る事こそ、本当の大人の楽しみ方です。

ルーマニア人の元彼女を持つ俺がルーマニア人について分析してみた

ルーマニアは2007年に「EU」への加盟が認められ、民主主義国家としてヨーロッパから認められました。しかし政治の不安定はあまり改善されておらず、貧富の差も大きいです。

首都の「ブカレスト」でさえも未だに「ジプシー」が多く居て物乞いもいる始末です。東欧唯一の「ラテン民族」が多く居る国である事から 音楽やダンスが大好きで、国民性もいたってノリノリです。

例外はどこにでもいますが総じて『お調子者』が多く、時間を守らないひとが沢山います(笑)
国民性(女性)は、一度かけた情にはかなり厚く、恋人にしたらかなりの情熱派が特徴。しかし冷めやすい美女も多く、つまりは「熱しやすく冷めやすい」のがこの国の女性の特徴です。

情を大切にする反面、割り切ったら相当手ごわい・・

愛嬌抜群で、ノリのいい女性が多いので、コロッと「勘違い」をする男性も沢山居るはず。カモられるパターンが最も多いのは『ルーマニア』の美女です。この国の美女をモノにしようとお考えなら、充分にお気を付け下さい。

しかしルーマニア女性は、友人になると最も仲間意識の強い民族だと言えるでしょう。貴方が気になる女性の事を相談すると仲を取り持つなど、最高のヘルプをしてくれる事うけあいです

ロシア人の彼女を持つオレがロシア人の性格を分析してみた

ロシアは、現在国が持つ負債(国債)が完済され、名実共に世界のリーダー「アメリカ」に肉薄しています。景気は急上昇し、あと数年もかからずに「バブル」を迎えることでしょう。

プーチンの退陣後の政権も注目を集めています。 ロシア最大のエネルギー会社「ガスプロム」の兼任会長のメドベージェフが時期大統領ですね。国環境ですが、日本とは全く違います。

プーチン政権は、ロシアを、経済面、軍事面、教育面で急成長させた功労者ですが、それと同時に「独裁」傾向もありました。次期大統領も、プーチンの腹心ですので、政冶形態は変らないでしょう。

このような話は、美女に振らないように注意してください。日本とは「ナショナリズム」が違うのです。日本との比較をされ、貴方自身が嫌な思いをするかもしれません。しかも、議論を吹っかけようものなら、議論好きな民族であり、政治に興味のある人種ですから、逆襲にあうこと間違いなしです。

話題にするなら貴方の意見は伏せて、美女達の意見のみを聞いてあげてくださいね。もし意見を求められたら、「プーチンは政治家として、とても国に貢献したよね。日本の政治家も日本を良くする人が居るといいな。」など、柔らかく返すぐらいでいいでしょう。

国民性(女性)は、何度も出てきましたように「自立心が強く、自尊心も高い」ことで有名です。しかしその反面とても母性の強い女性が多いです。

「出来る男」が好きですが出来ない一面に弱い女性も多いのです。ギャップにとても弱い一面を持っています。

ウクライナ人の元彼女をもつ俺がウクライナ人の性格を分析してみた

ウクライナは、ソ連の崩壊の発端となり真っ先にソ連からの独立を果たした国です。現在は「反ロシア」の政権が国を動かしていますが、「新ロシア」の国民もまだ多数残っており、いつ、ひっくり返るか分らない状態です。

独自の「民主化」を誇りに、現在まで「EU」への加入はしておりませんでした。持ち前の負けず嫌いな性質をバネに多くの「富豪」も生まれておりますが、その多くは現在、経済等の多方面で「力」をつけているロシアへの「回帰」を求める傾向があります。

国民性(女性)は、非常に「美意識」の高い女性が多いです。自分への自信も高いので、男性に求められる「ハードル」は結構高いです。ロシア女性に負けない自立心の強さで、仕事に生きる女性も少なくありません。

一度恋人になったならば、尽くしこそすれ、しかし、とても理性的な付き合いを好みます。自分の空間を大切にし、母性と言うより『姉御』的な特徴があるのも上げられます。

「センス」に対しての褒め言葉が効果あるでしょう。彼女達は常に「見られる」事を意識したスタイルでいますのでファッション、ヘアスタイル等のちょっとした事への着目が攻略の鍵になり得ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする