(画像あり)Gスポットの場所とその触り方について教えて

イカせると女性自身もその他の日常の快感では体験したことがない超快感を感じるため、突然悲鳴かのような喘ぎ声をあげたり、信じられないほどの快感に酔い逆に全く声が発せなくなったり、そうと思えば意味不明な言語を言ったり、場合によっては失神してしまったりします。

「ポテンシャルオーガズム」を迎えた場合は声など全く発せません。繰り返される快感セットのミドルヒットがスパイラルし、脳と身体、意識のバランスをしっかりと崩しているため、与えられた「超快感」という唯一の統合意識にのみ集中していくからです。

意識レベルを操ることこれまでの過程で繰り返し解説してきましたが、今の話を逆手にとるのであれば、イッた後の女性のこのような興奮状態と同じほどの興奮状態をこの意識レベルを操ることで目指せば、よりイキ易い状態となるのです。

イカせるためには女性の意識レベルを操る重要性がおわかりになられましたでしょうか。

『意識レベル操る』そして初めて、肉体的な実技が生かされます。意識を操ることなくして、必死にイカせようと試行錯誤したところで、逆に女性には引かれ、場合によっては、女性器を傷付けるまでに至ってしまう怖れすらあります。

ですので、まずは女性の意識レベルをコントロールしそして、余裕をもって肉体的プレイに突入しましょう。

では肉体的実技をお話します。「女性がオーガズムを迎える」とは、男性と比べ、その絶頂を得るまでの時間が男性よりも比較的に長い(時間がかかる)です。

ですので、言い換えるのであれば、あなたがその女性とのセックス、もしくはセックスにリンクするにあたる時間の集大成であり結果だと言えます。ここまででご紹介したセックステクニックを、思う存分に披露していただき、そしてこれが最後の詰めだと思ってください。

その、最後の詰め。つまり絶頂の頂上を迎えさせるためにですが、『Gスポット』『ポルチオ性感帯』を責めます。これがイカせるための2大政党だと思ってください。(笑)

Gスポットとよく耳にするかとは思いますが、何故Gスポットが良いのか知っていますでしょうか?その理由を理解することにより意識力が高まり、より女性へ快感をもたらせられることが期待できますので、いい機会ですしここで少しだけご説明させていただきます。

Gスポットとは、女性の膣内に指を入れ、間接を曲げて引き抜こうとしたら引っかかるところ(指を入れたほぼ真上)のことを言います。だいたい、女性を正面から見た恥骨の真下あたりだと思ってください。

男性で例えるとちょうど亀頭に位値する海綿体が女性のGスポットに近い状態の部位なのです。

もし、よろしければ、自分のペニスを触って確かめてください。
・・・確かめる必要はありませんね。

Gスポットは男性の肉体構造で言う亀頭ですので、それほど快感を感じる場所なのです。その海綿体を、男性がイッた場合で思いでしてください。勃起している時はもちろん、イク瞬間は亀頭が真っ赤に腫れるほど大きく膨張しているかと思います。

それは、セックスによっての脳からの信号や、肉体的快感によって、血流が調整され、亀頭に多くの血液が集まり膨張しているのです。

ここに女性をイカせるヒントが隠されています。これを女性にたとえ考えるのであれば、Gスポットになるべく血液が集めるように意識し、そしてその腫れあがった海綿体部分を大いに刺激してあげればよいのです。その刺激方法は強すぎてはいけません。

手を使う際ペニスを使う際にはそこをマッサージするかのように意識して、行為を行い最終的には、超快感を得るためベストコンディションになったGスポットを刺激してあげるのです。

この際に、膣内手前(Gスポット)は男性の亀頭同様に膨らみはじめますが、膣内奥は逆に緩く感じるほどの膨らみ方をします。これは、射精した精液を女性側が溜め込むための肉体的なしくみだと言われ、これがイク手前のサインだとも言えます。

このように、男性で言う亀頭であるGスポットを刺激するのですが、その刺激を更に協力にしてくれる性感帯があります。それが「ポルチオ性感帯」です。

ポルチオ性感帯とは、女を感じさせる必須の性感帯ではありますが、かといって主役ではにはなれない、脇役の性感帯です。ポルチオ性感帯は、バックなどをした際に刺激される性感帯ですが、これはもともと、ポルチオ性感帯自体はそれほどの快感を感じる性感帯ではないのです。

よく女性が産婦人科での治療の際にペンチみたいなもので摘まれるほど、刺激をあまり感じない部分なのですが、そこを突かれ刺激されることによって、多くのその他Gスポットなどの性感帯が揺さぶられ大きな快感を得るに至るのです。

ですので、ポルチオ性感帯は女性が更なる快感を得るために、性感帯への協力なサポーターであり、縁の下の力持ちだと思ってください。

よって、下準備の下準備であるポルチオ性感帯を刺激し、そしてGスポットを絶頂までのコンディションに導き、最後にGスポットをまともに責める。その条件をクリアする体位をご紹介します。

まずは、バックや測位でポルチオ性感帯を責めます。そして、正常位から今度はGスポット周辺・Gスポットを責める体位を変更します。

正常位の状態から、女性の両足をあなたの床についている手に引っ掛けるようにして持ち上げます。すると女性はちょうど、オシメを変えられている赤ん坊のようになります。この状態がGスポットを責める下準備(Gスポットにより血液を集めるための行為)だと思ってください。

次に、挿入したままあなたの体を完全に起こすようにし、そしてあなたの太ももに女性の足をのっけるかのような状態にします。この時に女性の体は大分反ったような形になりますが、これはGスポットをかなりピンポイントで責めることができます。

もし女性の体が辛いようでしたら、あなたの足を少し開くようにしてみたり、あなたの膝を軽く立てるかのようにしても、Gスポットを十分責めることが可能です。
意外にもGスポットの突き方は、結構融通が利くのです。

他にも騎乗位や対面座位が有効的です。騎乗位の場合には、女性を上下に動かすのではなく、なるべくスライドさせるかのようにした方がGスポット周辺を刺激することができます。

また、これもかなりオススメな方法・・・、

対面座位のまま、女性に後ろに手をつかせ体を反らせる体位です。この時になるべく女性を反らせることを意識しましょう。女性が手を後ろにつかずに、後ろに倒れこむような体位になってしまっても、あなたが辛くないのでしたら、それも十分効果的なのでやってみていただきたいと思います。

騎乗位をスライド式に腰を振らせた場合も多少クリトリスは刺激されますが、この対面座位の方法ですと、男性にとってもとても楽ですし、正面から見てクリトリスが完全フリーな状態となっています。

また、男性の片手も自由に使うことが可能ですので、ここで女性のGスポットを突きまくり、更には無防備なクリトリスをもろに刺激してあげることができますし、女性にとっては完全にマンコを男性に見せる体位となりますので、この対面座位で恥ずかしいさというエッセンスも与えることが可能です。

ですので、この対面座位を完全に使いこなした時、必ずやあなたは、女性を真の絶頂に導くことができることでしょう。

誰でもできる潮吹きの3つのポイント

このブログを現在読んでいるということは、セックスにとても積極的な方もしくはしっかりと勉強したい方だと思います。なので、『潮吹き』を知らない方はいないと思いますが、もう一度基礎から解説させていただきます。

『潮吹き』とは、女性がある箇所を責められ、快感を得た時に、女性の性器からビュッと出てくる液体のことです。、男性にとって、女性に潮吹きさせることは一つのステータスだと思っている方も多いと思います。

なので、ここでそのテクニックを身につけていきましょう。潮を吹かすためには、まず指を挿入し『女性の膣内の“Gスポット”と呼ばれる場所を高速で責める』と勘違いしている方が多いと思います。

大まかに言うと、間違いではないのですが、ただ高速で責めることだけは避けてあげてください。高速で責めることによって、女性の膣を傷つける恐れもあり、更には、雰囲気を壊し、感度まで下げる恐れが大いにあります。

高速で動かすのは、単に潮を遠くまで勢いよく飛ばそうをする時だけです。正しいテクニックを使った方が、断然女性を感じさせ潮を吹かすことが可能になります。

上手な『潮吹き』には3つのポイントがあるので覚えてください。まず、『指使い』そして『女性の態勢』更に『雰囲気』です。ではそのそれぞれのポイントのテクニックをお教えします。

まず、膣内に一本だけ指を入れ、慣れるまでゆっくりと膣内をかき回してあげてください。そして入口が広がり、更にヌレ初めてきたら指を2本にします。そして、指の関節を上に曲げた状態で、抜こうとすると
女性の膣内の上側の肉(壁)に指が引っかかる状態になります。その周辺を優しくなでてあげるように、ゆっくりとマッサージをしてあげてください。すると膣内手前の上の方が、少しもっこりと膨れ上がったようになってくるのを感じるはずです。

ちょうど恥骨の裏側あたりだと思ってください。そこを刺激し続けることによって、潮を吹かせることができます。

潮吹きの潮とは、女性の性器から出てくる尿のような分泌物です。ですから、お腹を圧迫されるとオシッコがしたくなるのと同様に、膣に指を入れ、内側から刺激してあげることによって、その分泌物が出てくるのです。

そして『女性の態勢』です。男性もオシッコのしにくい態勢を想像すればわかると思います。女性が潮を吹く際には、いかに潮が吹きやすい態勢かがとても重要になります。

基本的には、女性を立たせた状態などの起こした状態が一番潮を吹かせ易い態勢です。イスに座らせたり、もしくは女性の足をM字に開かせることを一番オススメしています。イスに座らせある程度体を起こした状態で更にM字にさせるのがベストです。

『雰囲気』
やはり、セックスのいかなる段階においても女性にとって雰囲気とは感情や意識を左右するためとても重要となってきます。

ここでは、『転換羞恥法』を使うことによって、より雰囲気を作り、潮吹きをさせ易い感情にさせることがポイントです。

例えば・・・
・女性の足をM字にさせる際に、足を開くために自ら足を持たせる。
・女性自身の性器が見えるような態勢をとらせて、責める。
・自分のマンコを自分の手で開かせる(自然に)。
などのテクニックを使うことによって、女性に快感の意味での恥ずかしい心を作りだしてあげることができます。

もし、自分でマンコを開くことや、足を開くことを拒んだ際には、あなたの手で掴んだ女性の手で、マンコや足を開かせることによって、あなたのサポート(無理やり)し、あたかも自分で開いているかのような錯覚を起こし恥ずかしいと思う気持ちにさせることができます。

以上のように、潮を吹かせるためにはまず、『指使い』『女性の態勢』『雰囲気』の3つをまず抑えてください。

ですが、潮吹きに関しては、女性自身が潮を吹く仕方を学ぶ必要もあります。ですので、一般的には潮をよく吹く女性は、潮を吹く経験が豊富だと言われています。
・潮を吹いたことがない女性に潮を吹かす。
・潮を吹いたことがある女性でも更に吹かす。
これが、潮吹きをさせた時の優越感の醍醐味です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする