女性の依存体質を利用する!女性を寄せ付ける吸引力をあげる方法

男性は女性に対して、セックスに対して前向きなイメージがあります。それはなぜか・・・?

絶叫のアトラクショを思い出してください。割合的には、女性よりも男性の方がアトラクションなどに乗りたがったりしますよね。それは男性に多い性質『冒険心』がその心理の深層に存在するからです。

冒険心は、男性の好奇心を強く刺激するのです。例えば、可愛い彼女がいたとします。その彼女自体にはとても満足をしていたとしても
『他の女にも手を出したい!』
『手を出してみたい!』
という気持ちが芽生えませんか?

もしくは今はそう思わなくとも、以前はその様に思ったことが一度はあることでしょう。女性はせいぜい
『この男性とデートだけしてみたい』
『この男性の普段の生活はどのようなものだろう?』
このレベルです。

全ての女性がそうだとは言えませんが統計上ではその欲求が男性との「性交渉」に向かうことは少ないのです。

しかし男性は違います。街を歩く女性を見ては
「この女とはヤレる。」
「この女とはヤレないな。」
という風に、女性をランク付けする際にセックスを基準にしませんか?そして、一人でも多くの女性とセックスをしてみたい!そう思うはずです。

これは男の誰しもがいだく自然な感情であり、男としての感情の構造なのです。ですので、女性とセックスをする直前に、セックスからの快感以前に達成感やワクワク感で胸がいっぱいになると思います。ここでも男性が大好きな「冒険心」が作用しているのです。
「これからどうなっていくんだろう?」
「この後のSEX で俺達はどんな関係になるんだろう?」
こんな感じでしょうか。女性にもその気持ちはあるでしょうが、男性ほどの妄想族はそうはいません(笑)

では、次にここからが肝心です。女性のメンタル的な快感についてです。

女性は、男性とは違い、肉体的にも、そして何より精神的にも癒しを求めています。実際には身体的に快感を抱くものではないのですが、「脳」は快感を感じるのです。それを「メンタル的快感」と呼びましょう。

女性にとってメンタル的快感で大切なのは、女性が本来から持ち欲求している『安心感』です。極論であり、現代的ではありませんが、男は外で働き、女は家庭を守る。男は女を守り。女は男に守ってもらう。そう言われていることが表しているように、女性は常日頃、男性と比べると
心のどこかで安心感を求めているのです。女性の方が、寂しがり屋な人が多いのもこのよい例です。

これは、包容力を求めていると言っても間違いではありません。ですから、女性は『辛い時』『悲しい時』『悩んでいる時』『さびしい時』などに男性に優しくされると包容力を感じ、安心感の要求が満たされ、心や体を解放しやすいのです。

心の力が弱まる時、悪い言い方をすれば「心に隙間ができる時」この状態での女性への真摯な対応は女性に「安らぎ」を与え、その男性が自己評価するよりも自身の人格を高めて見せることが可能なのです。

断っておきますが、下心のある「真摯な対応」をとれば、たちまち見抜かれるか、後々トラブルを生じることもあります。くれぐれも「悪心」を持った対応はこの女性の心の状態の時にはするべきではありません。

だから、わかりやすく表現し伝え、真摯な気持ちを感じさせやすくするためにいたわりを感じさせる言葉、女性が安心感を求めている時に例えば・・
『頑張り過ぎなくてもいいんだよ』
などの気遣いがあり、いたわりのある言葉に女性は弱いのです。

女性はセックスのメンタル的な快感に、『包容力』『安心感』を求めているのです。だから、女性は男性に比べ、比較的に心が特定の人に依存しやすく、そして体も依存しやすい傾向にあるのです。

それを知り、それを見極め使い分けることによって、あなたが女性を寄せ付ける吸引力を上げることができるのです。

女性はどうして男性よりも異性に対して依存するの?

女性は、男性よりも心を開きにくいため、男のように高い確率で異性を受け入れることはありません。時代の流れの中で、これは少しずつ変化を見せてきてはいますが、この日本という国の歴史の中で培われてきたこのアルゴリズムはそう簡単には崩壊しません。

女性は身持ちをしっかりと持ちそれによって災難を免れるべし
これが「貞操観念」と呼ばれるものです。

現代では崩壊の様相も垣間見られますが、女性人口の中においてはまだまだそれもほんの一部です。よって、脈々と受け継がれてきたこの貞操観念が女性の男性に対する「性の解放」の心は開きにくいものとさせているのです。

それに比べ男性は子孫の繁栄のまさに窓口という存在、メカニズムも女性に比べれば単調なためこれに当てはまらないのです。そして、これも脈々と受け継がれてきた歴史の中での「子供」を作る重要性を大切にしてきた男性上位の日本の風習の名残ともいえます。

また、女性は育ってきた過程の中で、『女性はエッチではいけない』というマインドコントロールをどこかでしている傾向があります。これも前記した貞操観念のなせるものではありますが、男性に対する性的な感情の遅れがそうさせることも解っています。

男性は身体の発育変化が遅い分、女性に対する性的な感情の発育は実は早いのです。性的な感情というよりは、性的な変化に気がつくことが早いとでも言うのでしょうか。それに気がついた後に自身の身体の変化が追いついてくる。

話をもどして女性の「エッチではいけない」というマインドコントロールですが、これは貞操観念と、さらに物理的なものにおける最大限の「自己防衛」の表れでもあります。身の危険に対処するのではなく。「身の危険を事前に回避するためのもの」です。

ですので、異性との体の関係に多少抵抗があるのです。しかし、その強い自己防衛の本能があるがゆえに一度、その心を掴んでしまえば、様々な面で男性よりも依存性がとても高いというのも一つの特徴です。それは「精神的」なものであっても「肉体的」なものであってもです。

たとえば「通信販売」などが良い例でしょう。「買っても使わないと思われる」商品を次々に購入してしまう女性の話は良く聞きますよね。あれは、「疑い」をもって最初は見ているのです、この段階ではまだ自己防衛のマインドが存在しています。

しかし、自分のその時一番欲している商品の紹介を見てしまい、それがとても魅力的に感じ、販売員の宣伝トークも絶妙に女性のウィークポイントを刺激し、そして持ち上げる。何より、その商品を購入すれば必ず自分が満たされることを確信してしまう。これが決め手となって「最初の購入」を経験してしまう。

商品自体も一番欲していたものだから、家に届いてからよく使用する。ここで女性は「通信販売」というものに信用を置いてしまうことになるのです。ついては、前回に紹介していた「通販販売員」が紹介するものであれば「信用」という大義名分で不必要なものであっても次からは購入を決めてしまうことになるのです。

はじめは「販売員」への信用、そしてこのサイクルが別の販売員にも飛び火して最終的には通販そのものに依存していく結果につながっていきます。

男性にはあまりそういったことはないですよね。幅広く様々なものを受け入れることによって何が必要で何が不必要なのかの取捨択一が身についていくからなのです。

女性のその依存を異性関係に当てはめて行くことができるのです。そのためにはまず、女性がその時点で何を望み何を恐れているのか、何を欲しているのかを男性はしっかりと見極めていかなければなりません。それをクリアしていけば女性の依存の第一ステップは成立したようなものなのです。

そして、精神的な依存を得られたその後にはその男性との間での、セックスという名の肉体的な
更なる依存を感じハマっていくことになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする