おっぱいへの愛撫は意味がない!?

女性が感じやすいポイント(部位)として、【おっぱい】を上げる人も多いですが、それは誤解です。 なぜなら、おっぱいの“9割は脂肪”だからです。残りの1割は乳腺(妊娠時に母乳を分泌)で構成されています。さらに体の中でも神経数が少ないところです。

こうなるとおっぱいへの愛撫は無意味なような気がしますが、それも違います。おっぱいは、男性からの「愛情」をダイレクトに感じる場所なのです。母乳をあげている人の顔を思い出してみてください。子供におっぱいを触れられている女性は愛情いっぱいの顔をしますよね。

つまり、おっぱいを愛しむ行為は、母性本能のスイッチを入れるきっかけとなり、女性が男性からの愛情を心で感じることができるのです。そして、おっぱいに触れることで、女性に“次なる予感”を期待させます。そうです。「乳首への愛撫」をイメージさせるのです。

ご存知の通り、乳首はオッパイと違い、神経が多くビンビンに感じるところですよね。

おっぱい自体は感じにくいけどその中でも感じやすい部分はある

おっぱいは「9割が脂肪」で「体の中でも神経数が少ない」ため、女性が感じるポイント(部位)ではありませんが、実はその中でもおっぱいには性感帯が存在します。

それは、『おっぱいの下部(アンダーバスト)』です。このアンダーバストには“神経が集中”しているため、愛撫すると感じます。おっぱいの輪郭を滑らかになぞるようなイメージで、アンダーバストの部分を『指』や『舌』で愛撫してみましょう。

触れるか触れないかぐらいで攻めるのがポイントです。指や舌で円を描くようにソフトタッチで愛撫してください。今度は、そのまま乳首に向かって、乳輪の外側から円を描くようにグルグルとなぞってみましょう。

さらなるテクニックとしては、指と指の間隔をとっておっぱい全体を優しく包み込み、乳首に向かって優しくジリジリと手を引いていき、人差し指と中指が乳首に近付いたら手を離します。

指と舌のどちらで攻めるにせよ、この段階ではまだ乳首には触れてはいけません。なぜなら、ここでは「次は乳首を責められる…。」という期待を高めるのが目的だからです。

ですから、このジラす動作を何度も行なってください。続いては、乳首への愛撫です。

上半身のクリトリスと言われた乳首への愛撫の方法

乳頭は、“上半身のクリトリス”と言われるほど敏感な性感帯です。知覚神経が密集しているので、ほんの少し触れるだけでも性的快感が走ります。では、実際の愛撫の仕方ですが、まずは乳頭の【側面】の部分から攻めていきます。

側面を『親指』と『中指』で挟むように摘みます。あまり力を入れ過ぎないようにして、親指と中指で乳頭を転がします。そして、乳首が勃起してきたら親指と中指で側面を固定し、乳頭のトップ部分を人差し指で愛撫(擦る・弾く)してください。

この【トップ】の部分は、乳首の中で最も敏感な性感ポイントです。女性の気分もかなり昂揚してきます。始めはスローペースで愛撫し、徐々にテンポを上げていきましょう。

氷や水を利用した女性への愛撫のやり方

乳首への愛撫に比べるとの“おまけ”的なテクニックになりますが、『温度差』や『モノ』を活用した愛撫の方法を紹介します。ただ、おまけと言っても、かなりの興奮と快感を与えることができます。

まず1つ目は、映画《ナインハーフ》のように、「氷」を口に含みながら舐めたり吸ったりする方法です。これは温度差を利用する形になるので、新たな快感を与えることが可能です。同様に「水」を口に含み愛撫する方法も効果的です。水の温度によっては温度差も利用できますが、舌や指が滑りやすくなるため、ローションの代用として使えます。

次に2つ目。これはポピュラーな方法ですが、【右乳首】を口で吸いながら【左乳首】を指で愛撫するというものです。片方の乳首だけではなく、両方の乳首を同時に攻めることによって、さらなる快感を与えることができます。

そして最後。これは禁じ手かもしれませんが、自分のペニスを乳首に押し当てる方法もオススメです。女性は、ペニスが当たっているという感覚と視覚的な効果で興奮状態に陥り、さらにペニスから粘膜の強いカウパー腺液(ガマン汁)が出ることによって、「水」と同様に、ローションと同じ効果であるヌルヌル感を与えることができます。

おっぱいの近くにある隠れた上半身のGスポットとは

これは知らない男性がかなり多いようですが、あなたは、おっぱいの“Gスポット”をご存知ですか?

おっぱいの表面は「脂肪」が中心なので、乳首のようなピンポイントとなる性感帯はありませんが、おっぱいにも【Gスポット】となるポイントが存在するのです。その【Gスポット】は、おっぱいの表面ではなく、腋の下とおっぱいの境界あたりにある、“スペンスの乳腺尾部”と呼ばれるところです。

ここを刺激する場合は、舌で乳頭を舐めながら、指で“スペンスの乳腺尾部”からアンダーバストまでのラインをそっと撫でながら押すと効果的です。

そして、唇を乳首から離して、“スペンスの乳腺尾部”に強いキスをしたり、舐める。この時、乳首を指で転がしたり強く押さえたりすると、女性の体がのけ反ります。つまり、腋の下からおっぱいの膨らみの一番端の部分を指と舌を駆使して攻める。すると、女性は両腕を上げて悶絶すること必至です。

ここを攻めるメリットは、快感を与えられるということだけではなく、腋の下は女性にとって恥ずかしい部分なので、同時に興奮させることもできます。ですから、これで相手の女性が“スイッチ全開”になること請け合いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする