お尻を愛撫する方法

女性の恥ずかしい場所として、【お尻】と【アナル】は禁断の場所になっています。抵抗感を示す人が多く、なかなか愛撫を許してもらえないという人も多いはずです。そこで、ここでは“一連のスムーズな流れの中から愛撫する方法”を紹介します。

「お尻への愛撫」 
まずは、お尻です。ここは“おっぱい”のように脂肪率が高く、神経も脂肪に隠れています。ですから、あまり感じやすい場所とは言われていません。

しかし、SMのスパンキングのように手や鞭で叩き、 多少手荒く扱っても大丈夫な場所となっています。それは脂肪が多いからですね。

よって、主に心理的な興奮を求める場所として覚えておきましょう。ただ、当サイトはSMのテクニックを解説するものではありませんので、興奮を誘う場所として何点か紹介したいと思います。

お尻への愛撫のポイントは、「タイミング」です。もっとも自然な流れは、背中を愛撫してからお尻への愛撫にシフトする。もしくは、クンニをした後にお尻へシフトしていきます。

背中からのシフトは、背中への愛撫で女性が興奮することを狙い、そのままお尻へと愛撫の手を下ろしていくという流れです。女性は恥ずかしい反面、興奮してしまいます。

また、クンニからのシフトは、女性は自分の性器を見せたことによって恥ずかしさを忘れるため、それを狙い、お尻へと愛撫の手を向けていくという流れです。お尻への愛撫の順番は、『側面』 ⇒ 『臀部』(でんぶ) ⇒ 『割れ目』と、ドンドン奥に進んでいきます。

指先と舌で円を描くように愛撫していきますが、特に『割れ目』への愛撫は慎重に行ってください。アナルを避ける(ジラす)ようにそっと優しく愛撫します。女性は、性器に近いところを攻められるので興奮します。

ちなみに、この方法は「バックでクンニ」をするときに使っても効果的です。女性の様子を見ながら、お尻への愛撫も試してみてください。

アナルを愛撫する方法

アナルへの愛撫について説明します。アナルとはいわゆる【肛門】のことですね。まず知っていただきたいことは、アナルは狭い場所に位置していて、さらに非常にデリケートな部分なので怪我の危険性も伴います。ですから、間違えても指を入れるようなことはしないでください。

体の柔らかい部分である舌を使い、十分な唾液で優しく舐めましょう。なお、アナルはお尻以上に抵抗感のある場所ですが、お尻にシフトしていく時と同様の流れで愛撫をしてみてください。
または、お尻への愛撫ができれば、そのままアナルへシフトする流れが良いでしょう。愛撫の方法は、舌を柔らかくして十分な唾液で優しく舐めてあげます。また、唾液をタップリ垂らし、吸ったり吹いたりするとさらに効果的です。

肛門を中心に女性の下半身全体に快感が広がります。そして、慣れてくると「もっと舐めて!」とお尻を突き上げ、おねだりしてくることでしょう。

ただし、最初の内は抵抗感を無くすために、優しく愛撫することに徹しましょう。

正常位・騎乗位・座位・後背位のポイントとメリット

ここでは基本となる体位の『ポイント』や『メリット』を紹介します。

「正常位」
これは、オーソドックスな体位ですね。女性が仰向けになり、膝を立てて股を広げた状態のところに、男性が上から覆い被さる体位。

<ポイント&メリット>

  1. クリトリスを愛撫しながら挿入できる
  2. Gスポットやポルチオを刺激しながら女性の表情を堪能できる
  3. 女性の腰をしっかり持てば、激しい挿入でも外れるリスクが回避される
  4. 女性の腰を上げると深く挿入できる
  5. 腰を動かしながらキスや首筋・乳首などへの愛撫ができる

「騎乗位」
男性が仰向けになり、女性は床に膝を付けて男性に跨る体位。

<ポイント&メリット>

  1. 女性の体重を男性に預けると、男性器が短くてもGスポットを刺激できる
  2. 女性手動で動かせる
  3. 女性の腰の動かし方(上下・グラインド・回転)によって感じ方が変わる
  4. 同時に乳首・尻・くびれなどを愛撫することできる

「座位」 
男性が軽く脚を伸ばした状態で座り、女性がその上から跨る体位。

<ポイント&メリット>

  1. 腰を前後に動かすと一体感を味わえる
  2. 接近した状態となるため愛が深まる
  3. 飽きない体位のためバリエーションの一環として利用できる
  4. 腰を動かしながらキスや首筋・乳首などへの愛撫ができる
  5. 挿入部分が見えるため視覚的な興奮も与えることができる

「後背位」 
いわゆる『バック』の体位です。女性が四つん這いになり、男性が膝をついて背後から挿入する体位。

<ポイント&メリット>

  1. 正常位よりも奥まで挿入できるためポルチオの刺激に最適
  2. 挿入するのが苦手な人でも膣口をはっきり確認できるため挿入しやすい
  3. 女性が脚を閉じ完全に体重をベッドに預けるとクリトリスが擦れる
  4. 女性の体を反らせると、さらに奥まで挿入できる
  5. 腰を動かしながら背中・うなじ・乳首・くびれなどへの愛撫ができる

以上、基本的な4つの体位の『ポイント』や『メリット』を紹介しました。各体位の中にお互いジャストな部分があるはずです。ポイントをよくチェックしてお互いの欲求を補いましょう。

例えば、「オレのアソコは短いから、深く挿入できる体位にしよう」や、「次はキスをしながら腰を動かせる体位にしよう」などのように、状況に応じて体位を変えてみてください。

ちなみに、“挿入角度を変える”だけでも、快楽バリエーションは無限に広がります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする