人ができないことをする、行動力をもった人間がする、それがナンパだ!

ナンパという行為は、日常の中にある非日常的な行為です。駅前に立って、街ゆく見知らぬ女性に片っぱなしから声を掛ける行為、それは考え方によっては常軌を逸しています。

また、普通の男性なら、街で気になった女性がいても声を掛けられる人なんてほんの数%でしょう。ナンパといえば、文化祭でのナンパや旅先でのナンパというのはよく聞きますが、そういった場ではない日常の中でナンパをするという行為は勇気がないからとできない人がほとんどです。

人がやらないことをやる、人ができないことをやるのがナンパだとすれば、ナンパする人は他にいろんなことができる可能性を秘めています。ナンパをする、ナンパで成功するということは行動力があるということ。その行動力の矛先をちょっと違う方向へ向けて、成功している人は意外といます。

ナンパをすれば、対人コミュニケーションの能力も付き、仕事での人間関係も上手く行くようになります。

そうなればナンパが単なる「女性を引っ掛ける行為」から、「武器」へと転換、昇華されていくことは大いに可能なわけです。あなたも、ナンパをただの娯楽で終わらせず、その行動力を多方面に活かしてみましょう。

ナンパはお酒やタバコとは違います。確かにやり過ぎると思っていた以上においしい体験ができるため、中毒症状にはなりますが、そこから大いに、自分のため、果ては周りの人の為に昇華していくことができると確信しています。

今日もストリートへ、繰り出してみませんか。

女の子との出会いを増やす前に

これから出会い系サイト、チャット、合コン、カップリングパーティ、ナンパなどあらゆる出会いの攻略法を解説しています。また、実際に俺がそれらの女性との出会いで使った会話をそっくりそのまま公開させていただきます。

もし、あなたが会話が苦手なら、それらの会話をそのまま真似してみてください。また、これだけでは俺のマニュアルは終わりません。それらの出会いで出会った後の女性とのメールや電話のやりとりの時に俺が使ったメールの文面、電話の会話もそのまま公開させていただきます。

最初は俺のメールや会話をそっくりそのままパクるぐらいでいいのです。そこから少しづつ自分のオリジナリティを出していってください。このプログラムを通して、少しでもあなたの恋愛・生活・人生の役に立てれば幸いです。

これまで、俺は様々な女性と出会って、口説いてセックスしてきました。俺が女性とセックスする行為で多い出会い方はナンパでした。俺はナンパは上手くありません。それでももてない男だった頃に比べようがないぐらいもてる男に成長でき、もてるようになり、ナンパもできるようになりました。 ナンパなんてハードルが高すぎる、出会い系や合コン、カップリングパーティの方がまだマシだと思われた方もおられるでしょう。

また、ナンパをやったことがあるけど、うまくいかなかった人もいるでしょう。ですので、ナンパ以外の出会い方の攻略法もこのプログラムでは教えていきます。また、当プログラムでは、女性が苦手な人、今まで彼女がいなかった人、口下手な人でももてる男性になれるようにと、後押しをできる内容に仕上げております。

ですので、最後までしっかりと読んでくださいね。そうすれば、あなたも俺と同じようにもてる男になることも可能なのです。

ちびで外見コンプレックスがあった男がモテるようになった

俺は、昔はもてない男性でした。そして、そんなもてない自分やチビでブサイクな外見にコンプレックスを抱いて生きていたのです。高校時代にほとんど女性との接点がもてなかった俺は、大学進学と同時に、「一ヶ月以内に彼女を作る」という目標のもと、行動していきました。

何かと行動力や野心はあったのか、色んなサークルの新歓合コンに参加したり、いちご刈りに参加したりと、当時はかなり積極的に行動していました。学校やバイト先に出会いを求めるだけでなく、出会い系サイトもやりながら色々とチャレンジをしていたのですが、それだけやっても、駄目だったのです。

つまり、俺は失敗に次ぐ失敗を繰り返してきた男なのです。時には出会い系で女性に振られたり、彼女ができない寂しさから感傷的になり、毎晩のように枕を濡らしていた時期もあります。情けない話です。

そんな俺が人生を逆転、とまで言うと大袈裟かもしれませんが、普通に女性とデートして、セックスして、付き合っていってという流れを実行できるようになりました。それはある恋愛マスターとの出会いがあったからです。

もし恋愛マスターとの出会いがなかったら、人生のヘタしたら半分、楽しみを奪われていたでしょう。恋愛するという男性の喜びを味わう事ができなかったかも知れないのですから・・・ だからそういった意味では俺は、恵まれているのだと思います。

さて、今ではこう、もてない人の為に文章を書いている俺ですが、当時いかにもてなかったか、相手にさえされない存在だったかがお分かりいただけたでしょうか。あと、俺のプログラムを読んでいる方は、失礼ながら、おそらく相当もてない人達が大半だと思います。

でも、それでいいのです。俺は、そういった人達に向かって、メッセージを発信していきたいと思います。そもそももてないというのはなぜなのか?あなたは気付いていなくても、あなたから発せられる何らかの要素が起因して、もてなくさせているのです。

ここで、俺の今までの経験からわかったもてない特徴です。
俺の経験からわかったもてない人の特徴 
おとなしい男性
優柔不断な男性
自分の話しかしない男性
自己中心的な男性
ユーモアがない男性
しつこい男性
一言多い男性
ダサい男性
キモい男性
自信がない男性
女性との接点がない男性

あなたが当てはまるところはありましたか?あなたにも当てはまるところがあるかも知れませんね。でも大丈夫です。この特徴をそのままにするからもてないのです。これらをそのままにするのではなく、改善する事でもてるようになれるのです。実際に俺もこれらのほとんどが昔は当てはまりました。

ですが、これらを俺は改善していくことがもてる男に変われたのです。

おとなしい男性はモテない!解決策は?

おとなしい男性
まず、おとなしい男性ですが、ハッキリ言いますが気を悪くしないでくださいね。おとなしい男性は存在価値があまりないと言えるかもしれません。もちろん、特別な存在感でもあるのなら別ですが、自分からアウトプットできる要素が少ないというのは辛いです。

おとなしい男性、誠実な男性が受けるというのは幻想で、昔ならまだしも、今はそんな時代ではないでしょう。おとなしい女性ならまだしも。

だから逆に、ある程度会話ができた方が確実にもてますが、実は俺も、昔はおとなしい人間でした。というより、内弁慶と言ったほうがいいかも知れませんね。高校に入るくらいまでは割とおとなしいイメージが強かったです。

でも、高校を経て大学に入って、その辺りからは顕著に変わっていきました。その最初のきっかけとなったのは、高校時代の家庭教師の先生の存在です。高校入学時、俺は勉強の遅れを取り戻すために家庭教師の先生についてもらいました。(俺は中学時代は登校拒否をしていました)

その時、唯一の自分を分かってくれる存在であった先生とよく話し、よく笑わせ、笑わせていると気分が爽快になり、その場では少なくとも社交的になりました。そして大学に入ってからは漫才師を目指し、お笑いの学校に通い、そこで俺は人前に出ることを覚え、どんどん人と話せる人間へと変わっていきます。極めつけは、恋愛マスターに教えてもらったナンパです。

ナンパで見知らぬ異性に声を掛け続けることで、人に対して臆することがなくなり、どんどん勢いで話せるようになりました。このように、様々なシチュエーションが自分を変えてくれました。

あと、あなたにお勧めするとしたら、合コンに参加しろっていうことでしょうか。合コンは女性と喋るいい練習になりますし、どんな話が受けがいいか等、勉強になります。そういった、目立たなければいけない状況に身を置くのはいいことでしょう。ですので、合コンに誘われたら積極的に参加するようにしてください。

結論
「合コンや交流会など、女性や男性と接する機会を増やし話すことに慣れろ」

優柔不断な男性はモテない!決断できる男になる

優柔不断な男性 
これは、どんなに外見がよくても、興ざめさせてしまう恐れがありますね。例えば、日常での分かりやすい会話例を挙げますね。

会話例
女性 「お昼なに食べる?」
あなた「う~ん、どうしよっか。○○ちゃん何がいい?」
女性 「う~ん、何でもいいよ。○○君は何食べたい?」
あなた「う~ん、俺は何でもいいけど、ほんと○○ちゃんの食べたいものでいいよ」
なんて会話、していませんか?

これは少し大袈裟な例えかも知れませんが、いずれにせよ、女性というのは決断を迫られことを嫌います。家計簿は妻が管理していても、家を買うと決定するのは夫ですよね、そういうことです。

また、よく言われることですが、別に何を食べるかなんてどうでもいいことが多いです。どうしてもパスタがいいとか、麺類は食べられないとか、そういうのがない限りはあなたに会いに来ているのですから、あなたと食べることに意味があるだけなのです。

だから、なよなよしている男性はそこで見限られてしまう場合だってあるのです。優しさをはき違えてしまってはいけません。

結論
「どうするか決めるのは女性ではない、男性であるあなた自身だ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする