ヤフーメッセンジャーを利用して実際に女の子のメルアドをゲットしたやりとりを公開中

では、今から俺がヤフーメッセンジャーで実際に使った会話例を紹介します。これを参考にして使うのもそのままパクるのもあなた次第です。

PM を使った会話例
俺 「こんばんは、PMしませんか?」
女性「いいですよ~^^」

最初は敬語が鉄則。自然なノリで話しかけましょう。無視されたら次、無視されたら次、とどんどんいきましょう。

俺 「ワタルっていいます」

女性「ワタルさんですね。私は知恵っていいます」

俺 「知恵さんか、了解!俺は名古屋からです、どちらですか?」

女性「私は北名古屋市~」

自分の場所を明かし、相手の住まいも聞きましょう。相手が遠い場所だと、PM する意味もないので切り上げる判断材料とします。

俺 「えっ、じゃあ近いですね~」

女性「うんうん」

俺 「よくチャットしてるんですか?」

女性「チャットはたまにだよ、まだ 2 週間くらい」

俺 「そうなんだぁ。実は俺も始めたばかりなんだよね。仕事早く終わった日たまにやる感じかな」

あんまり慣れていないくらいの方が印象がいいです。

女性「そうなんだ~、仕事って何してるの?」

俺 「えっとね、広告代理店で企画営業をしてるよ」

女性「へぇ~、なんかカッコいいですね」

俺 「いえいえ知恵さんは何してるんですか?」

女性「私は雑貨屋で働いてますよ」

俺 「雑貨かぁいいね!どんな雑貨扱ってるの?」

女性「自社ブランドですよ基本的には♪可愛い系ですね割と」

俺 「そうなんだ~。もう長いの?今の仕事初めて」

女性「まだ 2 年目ですよ♪高校出てから働いてるんです」

俺 「そうなんだ~。ってことは今ハタチ?」

女性「そうそう。いくつですか?」

俺 「俺は 28 だよ~」

女性「年上さんなんだ^^」

俺 「そうそう」

女性「休みの日とか何してるんですか?」

俺 「そだね~、休みの日は会社仲間とフットサルの大会に出たり、友達と飲みに行ったりが多いかな~」

健康的、さわやかなイメージ、社交的なイメージをもたせる返事をしましょう。

女性「へぇ~、結構スポーツマンなんですね!サッカーやってたんですか?」

俺 「サッカーは小学校の時だけやけど、結構日頃から体鍛えてて、マラソンの大会に出たりもしてるよ」

女性「そうなんだ~^^私は週 1 でジム行ってるよ」

俺 「ジムいいね~、サイクリングとかプールとかやってるの?」

女性「うんうん、エアロにはまってるよ~」

俺 「そっかぁ、ダイエット目的で始めたとか?」

女性「そう、それもあるけど、運動してると気持ちいいからさ」

俺 「そうだよね、わかるわかる」

女性「うんうん」

俺 「休みの日は買い物出かけたり?」

女性「そだね~。でも最近、友達と時間があまり合わなくて、割と 1 人で過ごすことも多いかな~」

俺 「1 人で映画観に行ったり?」

女性「いや、それはない」

俺 「でもまぁ、接客業やと確かに時間合わないこと多いよね」

女性「そうなんだよね~」

俺 「俺もさ、実は大阪から引っ越してきた人間なんだけど、こっちでまだそんなに友達いないんだよね」

“友達がまだいないから友達になりたい”というニュアンスを暗に伝えておきます。

女性「そんなんだ!」

俺 「うん。また、時間ある時はこうやって話せると楽しくていいんだけどね^^」

女性「うん、そだよね~」

俺 「ただ結構忙しいことも多いから、よかったら携帯でメールとかしよっ?」

女性「うん、いいよ~」

俺 「じゃあ、メールアドレス教えておくから、あとでメールもらってもいいかな?」

女性「うん、いいですよ~」

理由をつけて、携帯直メールに移行しましょう。

俺 「俺のアドレスだけど、●●●@docomo.ne.jp になるよ」

女性「りょうかい^^メールするね♪」

俺 「うん、ありがとう!」

女性「いえいえ^^」

俺 「あ、メール来た来た、登録しとくねー」

女性「はーい」

俺 「今日はチャットやってみて、知恵と知り合えてよかったわ! じゃあ、そろそろチャット切るね」

女性「うん、わかった」

一度アドレスを知ったら、もう即効バイバイしてもいいでしょう。ずっと長時間チャットで相手を占領しても構いませんが、ID を変えて再ログインする等して次のターゲットを探すのもいいでしょう。

俺 「じゃあバイバイ!またね~^^」
女性「うん、バイバイ!おやすみ~」
と、ここでヤフーチャットの切断ボタンを押します。

このようになります^^俺の文章はあなたにパクってもらって OK です。ですので、丸パクりでもいいですし、部分的にパクってもいいのでどんどん活用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする