スキンシップの順番は髪・手・腰・・・そしてセックス!!

ここでは、ナンパした女性とのデートの場面での使えるトークをご紹介します。

女性を確実に喜ばせる一言
「おっ、久し振り。あっ、ちょっと痩せた?」
会った瞬間に言います。痩せたと言われて嫌な気がしないのは、男性も女性も一緒。

「うわっ、めっちゃオシャレやな。服どこで買ったん?」
これもそう、プライドをくすぐります。

スキンシップの図り方

まずは手や髪の毛を触って、タッチOKかを確認。相手の反応が良ければ迷うことなく一気に攻めろ

続いてはスキンシップの図り方です。スキンシップって面白いものですね。全く興味のない異性や赤の他人から触られたらセクハラと呼ばれるのに、興味を抱いている人から触られても、それはセクハラではなくスキンシップなんですよね。

当り前のことなんですが、女性はやっぱり、触られて感じる動物なんだなって思います。よく言われるように、女性は触覚で生き、触られることに喜びを感じます。男性は女性とは違い、視覚に生き、見ることに喜びを感じます。

さて、スキンシップですが、順序があります。いきなりキスされても、びっくりしますよね? スキンシップの手順は、こんな感じです。

髪を触る

手をつなぐ(手を触る)

腰に手を回す

足を触る

頬を触る

唇を触る

雰囲気がよくなったところで、頬にキス

唇にキス

ディープキス

書いていて、自分は変態かと思ってしまいました。変態ですが(笑)ですがまぁ、基本的にはこんな感じでしょう。

ただ、何かと理由を付けて触った方が、何も言わずに触るよりも自然ですし、相手を感じさせることができるかも知れません。例えば髪を触るにしても、
「髪キレイやね、サラサラやん。なんかいい匂いやね」

足を触るにしても。
「足キレイやね、触っていい?」
と言いながら触った方が、相手ともコミュニケーションが取れますし、やり取りとしてもより自然と言えるのではないでしょうか。

また、スキンシップは面白いもので、手をつなげたからキスができるとは限らないし、キスができたからと言ってエッチができるとは限りません。

でも、まずこれだけは断言できます。手をつなげずしてキスは無理で、キスできずしてエッチはできない。要は階段みたいなものです。

デート中に手を繋ぎたいけどどうすればいいかわからない

スキンシップの初歩の初歩である手をつなぐことに関して解説します。手をつなぐには、どうすればいいのでしょうか。実は、手をつなぐには、あれこれ何も考えないほうがスムーズにいきます。
「ねぇ、手をつないでもいい?」

これ、最悪のパターンです。相手に決定権を委ねていますので、これはダメですね。俺が使うパターンを紹介します。
「ちょっと寒いな~。手、冷えてるわ。触ってみて。そっちはどう?冷えてない?」 と言って手を触って、そのまま手をつないだり、または手をつないだ後に「ねぇ、手をつないでもいい?」と聞いて、「もうつないでるやん(笑)」 という突っ込みを誘うほか、または何も言わずに手をつなぐという方法があります。

最近俺がよく使うのは、無言で手をつなぐ手法です。多少は強引な方がいいでしょうし、手をつなぐのを拒否されたらすぐに引けばいいだけの話です。間違っても押してはいけませんよ(笑)
最も、手をつなげるかどうかなんて、8 割方、その場の空気感で分かるものです。経験上、手をつなぐのを拒否する子は、ポケットに手を突っ込んでることが多いように思います。

そういったポイントも感じながら、行動していきましょう。手をつなぐのを躊躇するのではなく、まずつないでみる。手をつないでいいか聞く必要はないと言える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする