自分に興味のない女の子でもエロエロにしてセックスしてしまう方法

実は、わたしに興味もなければ、エッチをするつもりもなかった女性をセックスにもちこんだ方法は、催眠術なんです。

この記事を公開するのはちょっと抵抗があります。
何故なら使い方によっては、悪用する人がいるからです。

悪用厳禁のお約束の下で公開させていただきます。
いくらでも応用が利きますので、これは一例だと思って学んでください。

催眠セックスとは?

わたしは、ちょっとしたお遊びで催眠術セックスを楽しむことがあります。
女性を軽いトランス状態に導いて、セックスを楽しむのです。これによって女性の感度を高めたり、淫乱に変えることができるのです。
そればかりか、女性をセックスがしたい状態にすることもできるのです。

その方法を教えようと思うのですが・・・
注意事項として、催眠術は自己責任で行なってください!

やり方は教えますが、完全にマスターせずにいいかげんに実行しないで下さい。
かけられた女性の気分が悪くなったりすることがあります。
後述しますが、気分を悪くさせたりするのは、かけ方よりも、解き方が大事になります。

解き方まで学んでから、催眠術を楽しんでくださいね。
では、簡単に催眠術について説明しましょう。

催眠術とは?

相手をトランス状態に導き、言葉による暗示で、思い通りに動かしたりするものです。

催眠術のかけかたには、術師によって多少の違いがあります。
しかし、誘導していく内容には基本があります。

・重感覚・・・体が重くなる暗示
・温感覚・・・体が温かくなる暗示
・心拍調整・・・心臓の鼓動が安定する暗示
・呼吸調整・・・呼吸が楽になる暗示
・内臓調整・・・下腹部が温かくなる暗示
・額部分涼感覚・・・額が涼しくなる暗示

以上のような状態に導いていくのです。
その状態にまで導く事ができたら、軽いトランス状態です。
さらに深い催眠状態に誘導する為に、カウントダウンや体を揺らしていったりします。

カウントダウン

「数を数えま~す。数字が小さくなっていくと~、だ~んだん深い眠りに落ちていきま~す。さ~ん、に~い、い~ち、はい、あなたは深い眠りの状態です。」
こんな感じで、カウントを数える事で、催眠を深める方法です。

体を揺らす方法

「体が左右にゆれま~す。どんどんゆれま~す。ゆれればゆれるほど~ふか~い眠りに落ちていきま~す」
このように、体がゆれるほど深い催眠状態になる、という暗示を与えて導く方法です。

術師は「ゆれま~す」「ふか~く」などのように、ゆっくりと語りかけます。
そして「あたたかくなりました」「おもたくなりました」のように言葉を断言します。曖昧な表現をしません。

深い催眠状態に誘導することができたら、思い通りに動かせるようになります。

なんとなく催眠術の流れがわかりましたか?
では、催眠セックスを楽しむ方法を教えます。
この誘導の流れは、催眠術だと気づかれないように自然に導いていきます。

実践編 集中できる環境をつくる

適温で、できるだけ静かな環境が望ましいです。
自宅で行なうなら、テレビは消しておきます。音楽をかけておく場合は、インストや洋楽などの、歌詞がストレートに入ってこないものがいいでしょう。
ボリュームは小さめですね。

女性が興味を示す提案をする

お付き合いの長い女性に対してであれば問題ないかもしれませんが、いきなり「催眠術をかけてあげる!」では警戒される場合があります。
とくに二人きりの部屋の中であれば、警戒されて当然ですね。

催眠術は、相手が警戒するとかかりにくくなります。
口説きの過程と一緒で、危険性の排除をし、信頼関係を築くのは大事なことなんですね。

そのために、催眠術だと気づかせずにかけていく方法をお勧めします。
ナンパも、ナンパだと気づかせない方が簡単になるのと一緒です。

わたしのよくやるパターンが「良く当たる心理判断をやってあげる!」というアプローチです。

女性は占いや心理判断にはめっぽう食いつきが良い!のです。
まったくコミュニケーションがとれていない場合は別にして、普通に考えると断られることはありません。

「良く当たる心理判断をやってあげる!」というアプローチの「良く当たる」というセリフもさりげなく効いています。

女性が「ほんとうに当たるのぉ??」なんて言ってきた場合には、友人の話しなどを例えに答えます。
「友人に教えてもらったんだけど、みんな当たるんだよね」
こんな感じで良いです。

「ほんとうに当たるのぉ??」と聞いてきた時点で、興味をひかれていますから、断られません。

座ってもらう

椅子かソファーに座ってもらいます。

「じゃあ、両手を前に出して」と言って、手をだしてもらいます。
手のひらを上にしてだしてくる人、下にしてだしてくる人。または「どうしたらいいの?」と聞いてくる人など様々です。

あなたの手のひらを上に向いた状態で、そのうえに女性の手をおいてもらいます。女性の手のひらは上向きにしましょう。
そこで質問をしていきます。

「まずはリラックスしてもらうからね」と言って、リラックス状態をつくる作業に移ります。

リラックスさせる

「軽く目を閉じて」

「眉間に集中して、力はいれないでね」

「軽く3回深呼吸しよう」

重感覚・・・体が重くなる暗示

「では、イメージしてください。両手に1個ずつ、バレーボールサイズのボールがのっています。真っ白なボールです。」

「そのボールをよ~く見ていると、色がどんどん黒くなっていきます。見れば見るほど濃く真っ黒になってきました。さらに、よく見るとそのボールは真っ黒な鉄の玉です」

イメージ力が強い女性は、この時点で、どんどん手が下がってきます。

「鉄の玉は非常に重たいです」
「両手で持っているのが精一杯です。どんどん腕がだるくなってきました」
「両手が少しずつ下がってきました。もっと下がります」

両手が下がってきているようであれば、
「両手が、太もものうえまで下がってきて、くっついてしまいます」
「膝に手がくっついて離れない」
「重さが下半身全体に広がります」
「体全体まで重くなってくる」
「体がどっしりと重たくてリラックスした状態です。体が楽です」

温感覚・・・体が温かくなる暗示

「では、もう一度ボールに集中しましょう」

「よく見ていると、ボールがオレンジ色に変化してきます」

「オレンジになるにしたがって、ボールがポカポカ温まってきます」

「手がすごく温かくなりました」

「温かさが、下半身全体に広がっていきます」

「さらに体中に広がっていき、ポカポカしています」

「体がポカポカして、気持ちがいい」

「気持ちよくて、眠たくなってきました」

わたしは以下の項目はほとんど無視しています。
・呼吸調整・・・呼吸が楽になる暗示
・内臓調整・・・下腹部が温かくなる暗示
・額部分涼感覚・・・額が涼しくなる暗示
重感覚、温感覚までいけば、必然的に軽いトランス状態になるからです。

ここまできたら、前述したカウントダウンや体を揺らす方法で深い催眠状態へ導きます。

カウントダウン

「数を数えま~す。数字が小さくなっていくと~、だ~んだん深い眠りに落ちていきま~す。さ~ん、に~い、い~ち、はい、あなたは深い眠りの状態です。」
こんな感じで、カウントを数える事で、催眠を深める方法です。

体を揺らす方法

「体が左右にゆれま~す。どんどんゆれま~す。ゆれればゆれるほど~ふか~い眠りに落ちていきま~す」
このように、体がゆれるほど深い催眠状態になる、という暗示を与えて導く方法です。

暗示ワードを使う

深い催眠状態に誘導できたら、暗示ワードで、楽しんでみましょう。

エッチな質問をする

深い催眠状態にはいると、普段は答えてくれないようなことも答えてくれます。

「いまから、あなたに質問をしていきます。正直に答えるたびに頭がスッキリして気分がよくなります」
こんな前フリをしてから聞いていくとよいでしょう。

彼氏の有無、最近したエッチ、好きな体位など、聞きたいことは何でも聞けます。

催眠術を解いた後のことを考えて、その女性の内面部分を探る質問などもしておきましょう。

心理判断という名目で術をかけているので、終了後は彼女の内面を伝えて「すっご~い!当たってる!!」とでも言ってもらうと、あなたへの信頼は増して、お世辞ひとつとっても「効き」が強くなります。

性感帯を手に集中させる

「あなたの体中の性感帯が、右手人差し指の指先に集中します」

「どんどん指先の感度が上がってきています」

「体中の性感帯が指先に集まりました」

「さらに、いまから5つ数字を数えると、指先の感度が10倍にアップします」

カウントダウンしながら、感度がアップしてきていると言葉で誘導する

「はい、あなたの指先は感度が10倍にアップした性感帯です」

あとは、あなたが指先をさすったり、舐めてあげたりするだけで女性は喘ぎ声をもらしたりします。

後催眠でのセックス

後催眠は、催眠術を解いた後に暗示の効果をだすためのものです。

例えば
「今から3つ数えると、あなたはスッキリ気持ちよく目を覚まします」

「そして、目を覚ました後にあなたは、肩を触られた瞬間から、体中が性感帯になります」

「どこを触れられても、感じてしまい、立っていられなくなります」

「セックスがしたくてたまらなくなります」

「セックスが終わると、すごく幸せな気分になり頭がスッキリと目覚めます。体は普段と同じ状態になります」

「では、3つ数えます。3、2、1、ハイ、目が覚めました」

その後の女性は、普通の状態に戻ります。
しかし、後催眠は効いています。

「スッキリした?」などと普通の会話をしながら、タイミングをみて、肩にポンと触れる。

または、
「この心理判断の後は、首周りがだるくなる人もいるから、軽くほぐすね」
なんて言いながら、肩を揉む。

後催眠が効いていれば、女性の反応でわかるはずです。
ちょっと驚いたような感じであれば、効いているでしょう。

女性は体中が感じやすくなっているのですから、「どうしたの?」なんていいながら、触ればいいですね。そのまま、セックスに移行するのはカンタンです。
体中が性感帯だからです(笑)

わたしも数回実践していますが、そうとう刺激的なセックスができます。
特に、普段はおとなしい女性と獣のようなセックスをするのは格別です(笑)

注意)催眠は必ず解くこと!

過去にテレビか雑誌で知ったニュースがあります。

学校の教室で、ある生徒が、沢山のクラスメートがいる前で、催眠術をかけたところ、複数の生徒が催眠術にかかり、その後失神者まででたのです。

原因は、催眠術をかけた側の生徒が、解き方を知らなかったのです。

催眠術の専門家のコメントによると、催眠術をかけることは簡単なのだそうです。
しかし、ちゃん解いておかないと頭が重く感じたりする場合があるとのことです。

過去にわたしが催眠術を使った場合も、解いた後に頭が少し痛いと言った女性がいました。

催眠術は正しい方法で絶対に解くこと!
ちなみに方法は簡単ですので、しっかり覚えてくださいね。

催眠術の解き方

かける時と同様に「カウントダウン」を使います。


「今からみっつ数えると~、催眠状態から解けま~す。解けた後は頭がすっきりとして気分爽快で~す。さ~ん、に~い、い~ち」

手をぱちんと叩く。
「はい!気持ちよく目が覚めました~」

これで催眠術から解けました。
実に簡単です。忘れずに解いてくださいね。

先述したように、解いた後に頭が少し痛いと言った女性がいました。
その時は、カウントダウンを使って催眠を解いていたのですが、大事なことをしていませんでした。

それが「解けた後は頭がすっきりとして気分爽快で~す」の一文です。
この暗示によって、頭がスッキリした状態で目覚めます。

先述した、後催眠を使った例のような場合は、
「セックスが終わると、すごく幸せな気分になり頭がスッキリと目覚めます。
体は普段と同じ状態になります」
という一文をいれてあるので、そのままでも大丈夫でしょう。

それでも、女性がスッキリしていないようであれば、もう一度催眠状態に導いてから、
「今からみっつ数えると~、催眠状態から解けま~す。解けた後は頭がすっきりとして気分爽快で~す。さ~ん、に~い、い~ち」と解いてあげましょう。

ちなみに、一度催眠術にかかった人は、かかりやすくなっています。

補足

大事なポイントを整理しておきましょう。催眠術は全員がかかるわけではありません。

催眠術のかかりやすい人
・人の話しを信じ易いタイプ
・ちょっとした冗談やお世辞でも信じるタイプ

かかりにくい人
・人の話しを疑い易いタイプ
・ちょっとした冗談やお世辞でも疑うタイプ

脱がす暗示

人間は無意識ながらも自己防衛本能というのがあるそうです。
女性を脱がしたい!と思っても、「あなたは、服が脱ぎたくなる」では、効きが甘いのです。

「この部屋の温度が50度になりました。暑くて服なんか着ていられません。誰もいないので、脱いでしまいましょう」

「目の前に温泉があります。貸しきり状態であなた一人です。早く入りたいですね。早速洋服を脱ぎましょう」
のように、必然性をいれると良いでしょう。まだまだ応用が利きますので、あなたなりのヒネリで活用してみてください。

おわりに

催眠術はマジックでもなければ、奇術でもありません。
かかるのは決して不思議な事ではありません。
(かかりにくい人、かかりやすい人はいますが)

催眠術師といわれる人間にならなくても、同じようにやればかけることができます。あなたも是非やってみてください。

もっと本格的にやってみたいかたは、書店にも多くの催眠術本がありますので、目を通してみてはいかがでしょうか。

ただし、実践する場合は、くれぐれも自己責任でお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする