彼女や妻の理解と協力で早漏は治る!!

早漏を効果的に改善するには、身体面と精神面を同時にエクササイズすることだ。今まで説明してきたエクササイズを応用して更に効果を高める 方法がある。ここからはその方法を説明しよう。

ところで、あなたのセックスの相手はどんな人だろう?相手は3通りしかない。彼女か、奥さんか、それ以外の女性だ。早漏に彼女はでき難いことは確かだが、世の中にはいろんな人がいるから一概に決め付けるわけにはいかない。

これから話す方法は、特定のパートナーの存在が大きな意味を持つことになる。従って、その場限りのナンパやお金を払って仲良くする女性ではあまり期待できないかも知れないことを先に申し上げておく。

実は、早漏を効果的に克服するには一人より二人で行った方が数倍高い効果を得られる。つまり、パートナーと一緒に克服するということだ。それには、パートナーの理解が必要になる。これを得られなければこの方法は成り立たない。

だから、その場限りの相手では難しいとも言える。このエクササイズは、前述したようにマスターベーションによるエクササイズから、パートナーを相手に実際のセックスの中で行うエクササイズのことだ。

しかし、早合点してはいけない。たとえ彼女や特定の相手がいなくても、『ハイレベルのエクササイズ』の日数と回数を増やすことで確実に効果は上がる。これは間違いない。

だが、実際のセックスとエクササイズでは身体感覚の違いがどうしても出てしまう。マスターベーションで射精までの時間が伸びたとしても、実際のセックスでは時間が短くなることが多いものだ。

これは、刺激を受ける量の違いでもある。エクササイズではローションを使って、満遍なくペニスを刺激しても、やはりセックスとの違いは否めない。実際のセックスではペニスの刺激だけでなく、視覚と肌の触れ合う感覚からも刺激を受けることになる。

従って、それだけ興奮も高まり射精までの時間も短くなってしまう。それをカバーするのが、パートナーシップ・エクササイズだ。

パートナーシップ・エクササイズとは、パートナーにあなたの指示で動いてもらいながらレベル7か8を上限にして、射精感覚を何度も反復するエクササイズだ。上限付近に達したらパートナーに合図して動きを止めてもらい、落ち着いたら動きを再開してもらうのが基本だ。

体位は騎乗位が適している。この体位は合図を送りやすい点と、エクササイズの最中にパートナーの顔を見ながら軽い会話をすることもできる点がメリットだ。

会話をしながらのエクササイズでは、“思考切り替えスイッチ”が適度にオン・オフ状態を繰り返すことになる為、快適にエクササイズが進行する。

この体位で長時間のエクササイズはパートナーの負担が大きい為、腰やお尻を両手で支えながらパートナーの動きを助けることが必要になる。このエクササイズをセックスの度に10 分以上は行って欲しい。

エクササイズが終ったら、後は好きなように楽しめばよい。もちろん、そのままの体位でフィニッシュを迎えても構わない。もし、今説明したエクササイズがどうしても上手くいかない時は、『ハイレベルのエクササイズ』をパートナーから施してもらう方法もある。

あなたは仰向けで横になり、パートナーと会話しながらペニスの刺激を受ける。要領は『ハイレベルのエクササイズ』とまったく一緒で、レベル7か8になったらパートナーに合図して刺激をやめてもらうか、ゆっくりした動きにしてもらう。ペニスの興奮が落ち着いたらまた刺激を再開することを繰り返す。

パートナーの疲れを考慮して、エクササイズの時間は 10 分程度にしておく。このエクササイズも一人で行うよりも効果が上がることを覚えておこう。

パートナーの手で行うペニスの刺激は、予想できない動きを伴う為、一人で行う『ハイレベルのエクササイズ』よりも遥かに射精コントロールを身につけるには有効な手段だ。

パートナーの手で行うマスターベーションの為、レベル7に達する時間も早くなるかも知れないが、それに慣れることもエクササイズとしては好条件となる。

しかし、刺激が強過ぎたり、弱過ぎたり、または刺激が単調な時はパートナーに告げて修正してもらうこと。それに、このエクササイズで射精はせずに、セックスですること。

以上が、パートナーから『ハイレベルのエクササイズ』を施してもらいながら射精コントロールを行うやり方だが、せっかくパートナーがいるのだから、手の刺激だけでなく、フェラチオを組み合わせてみるのもよい方法だ。

二人で色々試すこともエクササイズの内だ。話をパートナーシップ・エクササイズに戻そう。はじめは手や言葉で合図していたのが、パートナーがあなたの顔の表情を見ただけで動きを加減してくるようになる。パートナーシップ・エクササイズではこれが理想なんだ。

ただ、パートナーがエクササイズの手助けを聞き入れてくれるかどうかの問題はあるかも知れない。普段は少し意見の合わないパートナーでも、あなたの早漏が少しでも改善できればお互いにメリットはあるはずだから、照れずにキチンと説明すれば喜んで協力してくれるはずだ。

何も説明なしに「アーしろ!コーしろ!」では、効果も上がらない。照れくさいのは一回きりだ。あなたが真剣であることが伝わり、エクササイズの効果が表れるとパートナーも進んで協力するようになる。

そんな時は、あなたから「ありがとう」の一言があれば最高のセックスコミュニケーションが展開できるはずだ。そして、もうひとつパートナーにお願いしておくことがある。実はこれがパートナーシップ・エクササイズで最も重要な部分になる。

それは、セックスの後にある言葉を言ってもらうことだ。ある言葉とは、あなたを褒める言葉だ。あなたはパートナーに次のようにお願いしよう。

『セックスが終ったら、満足してもしなくても、“気持ちよかったよ”って、俺を褒めてくれ』と。『俺が“俺が気持ちよかった?” と聞いたら、“気持ちよかったよ” と答えてくれ』と。必ずお願いすることだ。これも一回きりのお願いで済む。

あなたは「そんな子供じみた真似はできない」と思うかも知れない。しかし、そう思っているのはあなただけだ。パートナーは笑うかも知れないが、内心ではあなたの真剣さに気付き、更に一生懸命に協力してくれるはずだ。

もし、パートナーの前では自分の気持ちも素直に話し辛いような仲であったなら仕方がない。そんな時は、パートナー シップ・エクササイズは諦めて、こっそりと隠れて『ハイレベルのエクササイズ』を実践するしかいないだろう。

もっとも、そのような男に限って見栄っ張りで、相手の満足を軸にしたセックスをする傾向にある。自分が早漏であることに自覚はあるが、相手に悟られたくないこともあり、上手な前戯を身に付けてなんとか誤魔化そうとする傾向もある。

それはそれで、大事なことではある。しかし、その前に『エクササイズもセックスのうち』だと頭を切り替えて欲しい。パートナーは顔にこそ出さないが、あなたとのコミュニケーションを心から待っているはずだ。それで、褒められることにどんな意味があるのか?

あなたはパートナーに褒められることで、欲望が満たされることになる。すると、あなたの気持ちの中に良い結果(体験)が残り、次からもその結果が出るように同じ考えと、同じ行動をとる決まりができあがる。

それが“成功体験から生まれた心理的約束事”であり、あなただけの『ルール』となる。

パートナーシップ・エクササイズの目標は、この『ルール』のページにたくさんの良い結果(体験)書き込むことにある。たとえ最初は偽りの体験でも、エクササイズを重ねることで真正の体験となり、あなたを永遠に早漏の苦痛から解放することになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする