女性の多くが占いが好き!なぜ?その理由を説明するよ

では、女性はなぜ占いが好きなのでしょう。
この理由を知っていれば、実践もスムーズになりますし、女心というものも、理解しやすくなると思います。

ちなみに、占いというのは、日本古来からもありました。

たとえば「盟神探湯(くかたち)」なんていうものが、昔からありました。

このくかたち、というものは、熱湯に手を入れ、手がただれなかったら善人、手がただれたら悪人である、判断方法です。
(熱湯に手を入れ、手がただれない訳がないと思うのですが・・・)

ま、これは、私たち、人間が善人か、悪人か判断できないので、その判断を神様に任せる、という理由のものです。

古代の人は、自分たちが判断できない時に、その判断のよりどころを神様に任せていたのです。

そのための方法が「くかたち」というものでした。

現代の女性にも、これは当てはまります。

つまり、将来について自分が判断できないとき、自分だけでは決断するのが不安な時、自分がどうしたらいいのか、路頭に迷った時・・・

そのような時に、占いというものに頼りたくなるのです。

つまり、自分ではない、第三者に決断してもらう時に、占いというものに決断を委ねます。

ほかにも、理由があります。

その理由というのは、「一度占いに当たった経験があると、それを信じてしまう」というものです。

たとえば、テレビ番組で
「今日は金運アップ!思わぬところから収入が」
なんていう占いを見て、その日に普段開かない押入れをあけると、そこに 500円玉が落ちているのを見つけた。

などという経験をすると・・・

占いって、ホントウに当たるんだ・・・。

という思いが刷り込まれ、占いというものを信じ、占いというものが好きになります。

一度そのような経験をすれば、なんとなく
「占いってホントウなのかもしれない」
「●●テレビの△△っていう番組の占いは結構当たる」
などといって、信じていくのです。

一度信じると、毎回毎回チェックするようになりますから、このようにして、占いというものを身近に感じ、占いというものが好きになっていくのです。

つまり、一度だけ当たる経験があれば、それにはまっていくのです。

どうですか??
占いを女性が好きな理由、わかりましたか???

ん?

腑に落ちない?

当たり前ですね。上の理由は、本当の「女性が占いを好きな理由」ではないからです。

だって、上の理由だったら、占いのことを好きな性別は男性と女性で 1 対 1 になるからです。

男性だって、将来に悩む時、決断に困る時、そのような時がありますよね。
でも、男性はそのような時に、占いに頼るようなことはしません。

男性だって、一度占いが当たれば、それを好きになり、信じるようになって当然なのですが、男性はあまり占いを信じようとはしません。

それではいったい、男性が女性に比べて、特筆して占いが好きな理由とは何なのでしょう?

その鍵を握るのは、「シンデレラ症候群」に代表される、女性の心理にあります。

ここからする話はとても重要ですので、きちんと理解しながら読み進めてくださいね。

女性という生き物は男性に比べて、空想にふけったり、ありえない現実を好きになる傾向に強いです。

わかりやすい例を挙げると、女性はディズニーランドや高級なホテルが好きだったりします。

また、普段には滅多にないような内装や空間を持っているカフェやバーが好きだったり。

そのような、「非現実的な経験」が結構好きなのです。

ヒロインになりたい、女の子の願望。
シンデレラのようになりたい、女の子の願望。
そういう願望が男に比べて格段に強いのが、女性という生き物なのです。

つまり、女というのは「夢見がち」な生き物なのです。

そうなのです。
占いというのは、「女に夢を見させるのに最適」な手段なのです。

つまり、占いを見て、女性は
「いつか、私にも運命の人が現れて、いつか、私にも、運命的な日が来るかもしれない。そんなシンデレラみたいな出来事が私にも起きるのかもしれない」

そんなことを思いながら、占いを見ているのです。

人気の女性誌の占いコーナーを見ていると、だいたいの占いの結果は前向きな結果で結論をつけています。

たとえば・・・

「今月の●●座の運勢は、不調な運勢です・・・。カレシとケンカするかも(中略)。黄色のニットを着ると、運命的な出会いが訪れるかも。」
ってな感じで、結局黄色のニットを着れば、すべてが解決し、ハッピーな一ヶ月を送ることができる内容になっています。

ちなみに、「女性のシンデレラ願望」と言っても、ピンと来ない人のために、どれくらい、女性がシンデレラやヒロインになりたい願望があるのかを解説していきましょう。

たとえば、4 大オネエ女性誌と呼ばれる、これらのサイトを見てみますと・・・
cancam
http://cancam.tv/index.html

JJ
http://jj-m.jp/shop/index.cfm

RAY
http://www.digi-ray.com/

vivi
http://www.joseishi.net/vivi/

見てみると、やれ
「セレブになりたい!」
だの
「プリンセスコーディネート」
だの
「モデル級」
などなど、一般人にはとうてい無理なような目次が並んでいます。

もちろん、モデルやセレブやプリンセスになれる女の子は一握りなのですがそのようなあこがれを常に持ち続けているのが、女という生き物なのです。

あなたは「王子になりたい!」
なんて思ったことはないですよね?!
(もし、そう思ったことがあったらあなたはかなり珍しいタイプです。)

ですが、女の子は常日頃から、お姫様になりたい、とか、プリンセスになりたい、とかモデルみたいになりたい、とか、えびちゃんみたいになりたい、などと思っているのです。

ってな感じでまとめます。 先ほどに挙げた2つの要素+女性が特に好きな要素この3つの要素を持っているからこそ、女性は占いが好きなのです。

● 自分で判断や決断が出来ないときに、その判断を第三者に委ねたいとき。
● 一度当たった経験をしてしまうと、それを永続的に信じる傾向
● いつか運命の人が現れるかもしれない、いつかお姫様みたいになれるかもしれない、と願い、それを信じ続けて占いを見続ける傾向

以上の3要素があるからこそ、女性は占いが好きなのです。

ちなみに、2006 年 12 月までは占い専門の雑誌というものがありました。
MY BIRTHDAY
という雑誌です。

2006 年 12 月に事実上廃刊になってしまいましたが、これは占い熱が下がったというより、この雑誌の読者のターゲットが、雑誌から、携帯・インターネットに流れていってしまったのが、原因でしょう。

今や、携帯やインターネットで無料で、自分にあった占いができるのですからわざわざ雑誌を買ってまで占いを見たい、という層が減ったのでしょう。

占い一冊で雑誌になってしまうのですから、女性の占い熱というのは、おそろしいものです。

また、anan という雑誌でも、定期的に占い特集というのをやっています。

ちなみに anan という雑誌を知っていますか?

ちょっとアクセスしていただければわかるのですが、この雑誌の占いは「恋愛運」ばかりに焦点を絞っています。

つまり、「いつ運命の人に出会えるのだろうか?」 「次のカレシはどんな人なのだろうか?」 などという、将来について、妄想を繰り広げるのが好きなのが女性なのです。

これほど、女性というのは占いが好きなのですから、占いというものを、恋愛に取り入れないのはとってももったいないことなのです。

あなたが好きなものは何ですか?
車?
時計?
アウトドア?
スポーツ?

もし、あなたの好きな対象のものに、女の子が興味を示してきたり、詳しかったりしたら、あなたはうれしいですよね?!

それと同じように、あなたが、占いについて少しばかり戦略を練っていればあなたは、女性にかなりの割合で、うれしい思いをさせてあげることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする