占いで女を口説くときに必要な2つの基本事項

今までに女性を落とす、あるいは女性と仲良くなるために、占いを使うという技術はあまり重視されていませんでした。

その理由は
「占いというものをマスターするのが難しい」
とか
「占いというものがつかみどころがない」
とか
「占いで女の子と仲良くなれるはずがない」
などという誤解(?)があったからです。

今日、あなたがこのテクニックを読めば、その誤解はすべて吹き飛ぶことになります。

さて、裕也。このテクニックを作成するために実は 6 ヶ月前から準備していたのです。

どんな準備をしていたのかと言うと・・・

女の子に人気のある、カリスマ占い師に会う、という準備です。

実際に、このテクニックを書くに当たって、その占い師がどんなことをいい、どんな占いをするのかをリサーチするためです。

その人の予約はいっぱいで、予約に実に 6 ヶ月という歳月を費やしました。

8 月中旬、太陽が降り注ぐ中、東京の郊外・・・・というよりはもはや南関東と呼んでよいのかわからないほど、はずれの田舎の駅の駅前で待ち合わせをしました。

その占い師曰く、
「わたしは占い師だから、あなたを駅前で一目見ただけでわかる。だから、駅前に適当に立っていてくれればいい。」
と。

そして、確かに占い師は裕也を見つけ、わたしを占ってくれ、そして私はそこから去った。その一部始終と、解説は後に述べるが、その結果を単刀直入に述べると・・・

「占いで女を口説くのと手順は一緒だ」
ということがわかった。

つまり、占い師のスキルも、裕也のスキルも大して変わらない。

このレベルなら、私でもできるな、と実感した。

では、裕也の占いのスキルとはどのようなものなのか?

簡単に説明しよう。

それは・・・・・
『当たり障りのないようなことしかいわない』
『一度、脅し、それを解決する手段を与える』
この二つだけ。

この二つさえできてしまえば、あなたも簡単に女の子を自由自在に操ることのできる男になることができる。

つまり、占い師といえども、たいしたことはやっていないのである。

そのテクニックをすべてお見せいたしましょう。
(ちなみに、女性と接したときにどのようにして、これらのテクニックを使っていくかは後で述べる。ここでは、どのようなテクニックがあるのかについてのみ解説する)

まず、当たり障りのないことを言う、という点について。

たとえば、次のような文章。
あなたには当てはまっているだろうか?

いくつ当てはまってるか、チェックしてみてください。

● 自分の考えを持っていて、その考えは曲げたくはないが、時に必要なときには、その考えを曲げる柔軟さを持っている。
● 自由でいるのは好きだが、時には束縛されることも必要だと思う
● これまでの人生で後悔していることがある
● 自分の中には、まだまだ眠っている能力がある。
● 何かを自分で生み出すような仕事をしてみたい(あるいはしている)
● 誰からも好かれることは無理だと思う

さて、どうだったでしょうか?

実際に、先ほど当たり障りのないことを言え、ということをノウハウにかいてしまったので、これが『当たり障りのないことだろう』と思った人は多いと思う。

なお、このようなことを言っていけばいいのだ。

つまり、占い師が
「うーん。見える見える。あなたにはまだ埋もれている才能がある。 あなたにもそう感じないかね?」

などといえば、多くの人は信じてしまうのである。
(実際に、女性に対してどのようにして、このテクニックを使っていくかは後で述べるので、楽しみにしていてほしい)

そして、もうひとつのテクニック。
「一度脅して、それを解決する手段を与える」
というテクニックは、実際の例を見ていただくのがわかりやすいと思う。

つまり、占い師は、必ずといっていいほど、客を不安にさせるのだ。

つまり・・・
「これから数ヶ月以内に、悪いことがおきる」
「もしかしたら、あなたの身の回りに悪いことが起きるかもしれない」

このような不安を煽る。

この不安を煽るというテクニックは、本当は書きたくなかった。

なぜなら、霊感商法などで、高額の壺などを販売している人は、この不安を煽る、というテクニックをうまく利用しているからだ。

この不安を煽るというのは、とてもカンタン。カンタンに人を騙せてしまう・・・・。

だから、今回のテクニックでは、悪用をしないことを前提にして、このノウハウを公開した。

このテクニックを読んだあなたは、このテクニック以上にはこのノウハウを悪用しないで欲しい。

なぜ、人を不安にさせると壺を買わせることができるのか?

とってもカンタン。
「あなたは3ヶ月以内に死にます。しかし、この薬を買えばその命が助かります!この薬は 1000 万です。」
って、もし、大学病院の医者に言われたらどうしますか?

もし、あなたが瀕死の危機に晒されていたら、
「もしかしたら、この薬を買えば助かるかもしれない」
と思うかもしれません。

そして、どんな手段を使ってでも、この薬を買うかもしれません。

この場合、医者だから、「本当に死ぬのかもしれない。薬を買えば本当に助かるのかもしれない」
と思うのですが、壺を売っている人は、自分は将来が見えるということを理由にして、不安を煽ります。

「あなたを占った結果、あなたには悪霊がとり憑いている。あなたは 3 ヶ月以内に死にます。しかし、この壺を買えばその命が助かるかもしれません。この壺は 1000 万円です!」
と言われたら・・・。

もし、その占いを信じてしまったら、その壺を買ってしまうかもしれません。

このようにして、霊感商法というのはガッポリ稼いでいるのです。
霊感商法、あなたは絶対にこのようなワナにはまることのないようにしてくださいね・・・・。

ツボを買っただけで命が救われるはずはないのですが、一度、その占いを信じてしまうと、不安から、そのツボを買ってしまうのです。

少し、グレーな方法なのですが、このテクニックのキモとしては・・・

● 一度、女の子を『当たり障りのないことを言うことで』信じさせる
● その後、ちょっとだけ、不安にさせ、その後、あることをする

この2段構えでいけば占い対策はバッチリです!

では、どのようにして、その2段構えをしていけばいいのか?

そのまま使えるテンプレート集をセットにして、あなたに伝えます。

ではでは、どんな占いを使うのか、どんな切り口で占いを始めればいいのか。
そして、どのようにして、女の子を占いを通して口説いていけばいいのか?

そのすべてを次解説していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする