女の子に直接インタビュー!!前戯で触られると気持ちのよい部位ランキング

具体的な女性の性感帯について解説させていただきます。一般男性が知っていると思われるものもあり、しかし、それを確実に正確に実践できていないことが多々あります。それらも完全にレクチャーしていきます。

男性がいままで参考にしてきた女性の性感帯とはあくまで女性の反応などから察した想像であることがほとんどです。そう、それはあくまで想像・・・。

ここで書いていることは実際に、女性へのインタビューを元にして作った『本物の女性の性感帯』であり、攻略法です。すべて丸暗記して、これらを元に女性を喘がせあなたのセックステクニックの前に膝まづかせてください!!

狙うべき個所はココです!

気持ち良い部位ランキング(正面)

イク時には女が責められたい場所や、女の子たちにとって大好きな責められポイントなどをご紹介いたします。細かい部位に対する責め方などは、あとで具体的にお伝えします。

まず最初に女性の裸体を正面から見た時にココを責めるべし!と思うところはどこでしょうか?

第3位は?!
『耳』
女性たちにインタビューをしてみると、この「耳」責めに大層ご執心でした。彼女たちがが言うには
「耳って、男の子に開発される性感帯の一番最初の部分なんですよねえ。」
「クリちゃんとか乳首は最初からある程度気持ちいいじゃないですか。でも耳は最初本当にただくすぐったいだけなんです!そこを男の子がどんな技を使って立派な性感帯に開発していくのかって言うのは女の子にとっては結構ポイントですよね!」
「女の子って、自分の身体を開発してくれて気持ちよくしてくれた人の事は絶対忘れないものですよぉ!それだけ私の身体に本気で向き合ってくれたんだなぁ・・って思いますもん。」

私自身も女性の耳に対する責め方には気を使ってはいましたが、正直私が取材と称してセックスをする女性には開発が必要なくらいの「ウブ」な女性はいませんでしたので、このような女性に対しての尊重する心が刺激されたのも事実でした。

女性サイドの「歯に衣きせぬ」率直な意見をお互いぶつけ合うことで今までの自分になかった考えが生まれるのは本当に有意義なことです。

第2位!
『乳首』
「チロチロしてちょうだい」という話を聞くことができました。
「やっぱりセックスのテクニックって、前戯のテクニックと言ってしまってもいいと思うんです。」
「どんなに挿入のテクニックや、指でのマンコちゃんの愛撫が上手でも、そこまでの過程でどれだけ女の子の興奮や快感を作ってくれるのかで全然違ってきますから。私は男の子のその部分をよ~く見てるんですよ~(笑)」
女性の正直な意見勉強になります。

セックスの程よい経験数を持つ女性であればしっかりと「胸(乳首)」責めの上手、下手を見ているということらしいのです。そして、ただ胸・乳首と言っても、その部分には更に細部にわたり性感帯があり、そして責める方法もそれぞれ違ってきます。

改めて再度解説しますが、単に胸といっても正確な知識やテクニックがあるか否かだけで、大きくセックステクニックに差をつけます。

そして!・・いよいよNO1はっ!!!
『股間』

「股間」って・・・・(笑)
「だって股間全部なんですもん!」
そうおっしゃるので彼女たちのご要望通りの書き方にしました・・(汗)

「どんな女性だってココが一番ですよ~!総仕上げじゃないですか~!」
「さっきとは逆かもしれないけど、今までの前戯がよくてもここで駄目だったらちょっと残念ですよねぇ」
女の子ってけっこうよくばりです(汗)結局全てということなんですね・・・

「私たちはそんな欲張りなことをみんなにして貰おうとしてるんじゃないですか!さ、がんばりましょう!」

女性器の周辺を責めることによって、女性器に近づいているようで、近づいていない感覚もきっと快感をそそるのでしょう。それを『快感セット術』と私たちは呼んでいます。この快感セットは全ての項目での重要な鍵となりますので、これも改めて解説させていただきます。

では次に女性の裸体の背面です。あなたは、女性との甘い時間への興奮のあまり正面だけに注目していないでしょうか。気がついてはいても、面倒であるということも認めます。正直おきざりにしていた責めポイントだったのではないでしょうか。

気持ち良い部位ランキング(背面)

体の背面にも、秘密の性感帯スポットが多数存在しているのです。バックの体位とか、サイドから責める時に駆使することができるのです。すると様々な変化がセックスの中で生まれ、何より手段が増えるということは「快感セット」の回数が段違いに上がります。

後ほど嫌と言うほど、この快感セット術についてお話します。また、セックスへのアプローチ(前戯開始時)の際も、正面部位への愛撫方法を極めようと日々研究している人は多いのに加え、背後からの責め方に注目している人は意外と少ないものです。この機会に女性の身体を隅から隅まで責めてみませんか?

それでは順を追ってご紹介いたしましょう。新しい発見もきっとできるはずです。この背面部分も後ほどゆっくりと詳しく解説していきますのでこの場では大まかにお話いたします。

第5 位
『健康骨』です。

ココを知っていれば、かなりの上級者だと言えるでしょう。座っている状態の女性にも、うつ伏せの状態でも女性は自分が愛撫されている姿を確認し辛い場所なので興奮を増すのには適所です。

よく愛撫されているところを見せたりして興奮を煽りますが、敢えて見せないこともよいのです。片方ではなくこの両方の方法を組み合わせてあげることで一段上の女性とのコミュニケーションもとれますね。「後ろを相手に見せることは安心のしるし」ともいいますから。

彼女たちは
この肩甲骨付近の愛撫はキスしてるときにされるととっても気持ちよくなりますね!
「私は唇で下から上に愛撫されるのが大好きです!」
と言っていました。
肩甲骨付近は要所要所の通過点になります。

変な話「蕎麦」とか「お好み焼き」とかの『つなぎ』とでもいいましょうか。これがよければその先にも必ず喜んでもらえる結果が出るのです。
つなぎは「快感セット」にとっても重要なことです!どんどんいきます!

第4位は?
『お尻のほっぺ』

これは、性感帯というよりも、ここをさすったりと責めることによって、女性は安心感を得、性的にリラックスすることができるようです。
「お尻のほっぺってそこまで敏感なところじゃないんですけど、ここを撫でられると不思議なくらいホッとするんです。わかります?」

わかりませんけど・・・彼女たちの話を聞いてみます。
「和むんですよ!両方で触られると横からしっかり捕まえてもらってるような気がして・・そしてその撫でられるのを長くされていると、愛撫されている感覚になってきて・・性感度があがるんです!同じところをずっとサワサワしてると麻痺ってくるじゃないですか。ジーン・・って。それがとても気持ちよくなるんです!」

私は理解しました。マッサージのような感覚です。マッサージされている箇所は血流がましますので、感度が上昇します。それによって、お尻という部位もあり、女性の性的意識が上昇し性感帯と言うような感覚になるのでしょう。このお尻の頬への愛撫は結構面白いですよ。その後の性感帯へ受ける刺激をより生かすことができるのですから。

そして第3位は?
『肋骨(ろっ骨)』です。

肋骨は脇腹に近い感じですが、ここでは敢えて肋骨をフィーチャーします。
彼女たち
「ここをサワサワしてもらってから唇でやさしく愛撫されるの大好きです!」
「肋骨って・・結構マニアですかね(笑)でも、この部位への愛撫をしてくれるのとしてくれないのとでは濡れ方にきっと差がでますよ!」
「肋骨に沿って内側から外側に責めてほしいな(笑)」

マニアックですが・・私ですら肋骨を意識的に愛撫をすることはありませんでしたが、この後の女性とのセックスで意識して責めてみました。大きな変化を生むのではなく、次に責める箇所への布石としてはとてもよいと思います。

実際女性の濡れ具合には高い効果が見て取れました。不感の女性にはこのような細やかな愛武術が有効だと思います。このような愛撫があってこそ女性の不感症の解決の糸口になるのです。

第2位は?
『首筋』です。
首筋を舐めたり、吸ったり・・・少しだけ軽くかじってみたりするのもよいです。しかし、この部位の愛撫に留まらず、

吸う・舐める・噛むの愛撫には絶対的な条件が存在するのです。このことは後に詳しくお話いたしますがこの鍵がなくては、この三大愛撫の力は半減するのです。

「首筋は・・断然後ろから責めて欲しいです!後ろから男の子が私の首に、頑張って我慢してる興奮の吐息がかかるのがとっても感じます。かわいい!って思っちゃうんです(笑)」
「舌で責められるときも舌先でスイーって感じですか?あれされると、ゥワ~ってゾクゾクしちゃいますね!」
女性はよく『後ろからギュッとされるのが好きだ』と言います。その時には完全に心を落とし快感セットし、そして首筋を責めることによって女性の性感度を高めセックスへの誘導をよりスムーズにできるのです。

いよいよ第1位!!!
『うなじ』です。

うなじは首筋と少し似ていますが、いきなりうなじを責めず、首筋を責めてから自然にうなじや耳の裏へと移動するのがベストです。
ここで首筋の愛撫が生きてきますよねぇ。舐められるよりも、唇でキスされるほうが感じますよ!男の子の中にはこの辺でベロベロ~・・みたいな責め方をする人がいるんですが、あれはないですよぉ・・

いかがでしたか?細やかな部位の責めテクニックの前に大まかな掴みはできましたでしょうか?何より女性の性感帯を正しく知ることで、クライマックスの挿入ピストン運動をより絶頂に導くことができます。前戯で与えた刺激が、女性がイッた時の女性の快感を決めると思ってください。

鍵は「快感セット術」です!前と後ろの正しい性感帯と責め方を知っていれば、前を刺激しつつ、後ろも刺激し後ろを刺激しつつ、前も刺激することが可能になるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする