3分で頭が真っ白に!クリトリスを舌を使って愛撫する方法

まずはクンニの説明の前にクリトリスについてお話ししましょう。

クリトリスとは、女性器の上の方にあるもので、非常に敏感な部分です。そして実はクリトリスには、男性と同じように亀頭があるのです(知っていました?)。

女性が性的に興奮し始めると、クリトリスが勃起し、亀頭が膨張するとともに皮が剥けて、約5ミリほどの陰核亀頭というものが露出してきます。それは男性器とも違い、人体の中で唯一、性的興奮のために存在する場所なので、愛撫の仕方がわかるオトコとわからないオトコでは決定的な違いが生じてしまいます。

たとえていうならば、野球でスピードボールにフォークという決め球のある押さえの守護神か、ストレートしか投げられないノーコンピッチャーかぐらいに違ってくるわけです。あなたにはぜひ「わかるオトコに。そしてできるオトコに」なっていただきたい・・・というわけで、今から駐屯クンニの方法をお教えいたします。

「駐屯」といっても、別に自衛隊などの駐屯地で行っているプレイではありませんよ。「ちゅう」とはクリトリスを吸うことで、「とん」とは舌でクリトリスをとんとたたくという意味です。これを交互に行います。この「ちゅう」と吸って「とん」とたたくのを、一秒間に 3 回から 5 回の割合で行うわけです。

これを 2 分か 3 分やると、女性はもう頭が真っ白になるそうです。男性側は、唇を尖らせているわけですから、まるでひょっとこのような、タコのような、かなり情けない表情になってしまうのですが、相手の悦ぶ顔が見たいのならば、そこはグッと我慢してください。

ちなみに私の経験上、駐屯クンニの途中で舌が疲れた時には指使いも効果的です。これは誰も教えていない、いわゆる私だけのノウハウなのですが、人差し指や中指の腹の部分でクリトリスをちょんちょんと優しく触れてみたり爪の先端部分でそっと触れてあげてみたりするだけで、あなたの大事なパートナーは絶叫するか、ピクピクと身体を揺らせるに違いありません。

また補足になりますが、ある雑誌が女性を対象にとったアンケートによりますと、クンニが好きかという問いに対して「毎回して欲しい」と「たまにして欲しい」がなんと!88%も占めました。これはもはや男性側が「臭いが・・・」「なんとなく汚らしい」などとはいっていられません。クンニという行為はむしろ必須であるといえます。

さてこの最後に、とっておきの無料かつオススメサイトを紹介しておきますね。それは『舐め犬掲示板』と言います。あなたに是非、覚えたばかりの駐屯クンニを実践していただきたい場所です。掲示板はココです。

舐め犬掲示板 (http://mastershun.fc2web.com/)

もともとこの掲示板は彼氏や彼女を募集するサイトではありません。基本的なコンセプトとしては、クンニして欲しい女性側がHな男性を募集するサイトなのですが、男性も募集記事を投稿できます。メールアドレス非公開でやり取りできるので、ある意味タイプを変えて、無限に投稿できます。実際に私は何度かこのサイトを通しても女性たちと会いましたが、彼氏がいない女の子の方が多かった印象があります。

まずは一日何十人も書き込みがあるので、どんどん応募してみましょう。ポイントとしてメールのやり取りはテンポ良くすませてお互いの都合を確認し、必ず一週間以内に会う約束をすることです。これはどの方法でもいえることですが、だらだらメールをしていたらメルトモで終わってしまいます。この点をふまえ、ばら色のSEXライフを過ごしてくださいね。

男性と女性の性感帯の場所はどこ?

ここで男性と女性の性感帯についても学んでおきましょう。ポイントのずれた、快感に当てはまらない部分を永遠とせめていたのでは、あなたへの SEX の評価は下がる一方です。プレイとしては(あなたが)せめている側なのに、実はあなたがせめられている(心の中では非難されている)ことになり、最悪相手が別の人間に逃げられたら悲惨すぎて目も当てられません。

性感帯を知るということはバリエーションが増える、広がるという意味であり非常に重要な部分であります。これから解説していきますね。でも難しいことはありません。ゴシゴシあなたの大事なところをこすりながら、リラックスして読んでください(笑)。

まず性感帯についてですが、これは男性と女性の両方にいえることで、体の中で性的刺激を感じるのにとても敏感な場所を指します。実は体の中で、殆どの部分が性的に敏感であると言っても過言ではありません。

ただし、性感帯は、人によって微妙にポイントが異なってきます。また当然のように感じる程度も人それぞれです。一度、相手の性感帯がどこなのか、あなたがわかれば、その方とは今以上の素敵な性生活を送ることができるようになりますので、あせらず学んでいってくださいね。

女性器は性感帯と考えられています(当たり前といえば当たり前ですが)。

これは、男性器についてもいえることですね。しかし女性の場合、体のほとんど、どの部分への刺激でも、実はかなりの興奮に結びつきます。驚きですね!

たとえば、胸を触られたり、耳たぶを軽くかじられたりするだけでオーガズムを迎えることができます。なぜならば、女性は皮膚に触られることにとても敏感だからです。男性がアダルトビデオを観てオナニーをしたり、明るいところで SEX をしたがるような視覚的な生き物に対して、女性はあまりそういうことを好みません。女性は視覚よりも触覚に優れているのです。暗闇で自ら大事な部分をいじったり、触れられたり、そういうシチュエーションをイメージすることで興奮を覚えたりするのです。しかしながら、結局は女性器が一番感じる性感帯であり、前述しているクリトリスが特に一番感じる性感帯といえるでしょう。

ただし、クリトリス一点集中ではマンネリ化してしまいますし、あまり感じなくなってしまうこともあるでしょう。

・ 顔、ほほ、まぶた、まゆげ、おでこ
・ 首の後ろ
・ 耳たぶ
・ うで、わき、ひじの内側
・ 胸、乳首
・ 腹部、へそ
・ 女性器、びらびら、クリトリス
・ 背中、背骨の後ろ
・ 会陰(膣と肛門の間)
・ 太ももの内側
・ おしり
・ 肛門
・ 足、脚、ひざの後ろ

ちなみに以下は男性の性感帯といわれる箇所です。
・ 顔、首、首筋(くびすじ)、耳たぶ、くちびる
・ 背中、肩
・ 手、指の先、手のひら
・ ペニス、睾丸
・ 会陰(ペニスと睾丸の間)
・ お尻
・ 肛門
・ 足の裏
相手の性感帯を見つけそこをせめることは、前戯の楽しみの1つあり、彼女を興奮させるだけでなく、2人の性の要望をもっと高めることでコミュニケーションを深めることができます。今夜からさっそく試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする