悪のSEXは計算された合理的なセックスだ

あなたは“ワルのセックス=乱暴・強引”と思っていませんか?
もしそう思っているとしたら、表面的なイメージで誤解しています。

ワルは驚くほど優しく、しかしズルイほど計算された手口で女性の脳に消えない快感を刻み込んでいます。
もちろん、すべてのワルがそうだとは言いません。

しかし、私が実際にセックスの教えを受けたワルは本当に計算されたほどに合理的な手口で、一度のセックスで女性をとりこにしていました。
そして、その手口には決まった法則があったのです。

これを方程式で表すと、
女の性欲の利用+ドキドキ挿入法=連続絶頂
となります。

カンタンに言ってしまうと、女性の性欲を引き出して最高に感じやすいカラダにして、女性の脳を直撃する挿入の刺激で連続絶頂に誘導してしまう方法です。

この超合理的に連続絶頂に導くワルのスピリットをご紹介します。

このマニュアルの根幹になっている部分ですので、基本的な考え方をここで頭に入れていただきたいと思います。
じつは、このページを読むだけでかなり自信がつきます。

女性の力を引き出し徹底的に愛撫するのが悪のセックスだ

多くの男性は、女性をイカせるためには自分ががんばらなくてはいけないという義務感を持ってセックスをしていますよね。
あなたはどうでしょうか?

じつは、私は以前そうでした。
それで、テクニックを駆使してなんとか女性をイカせようとしていたのですが、上手くいきませんでした。
今考えると、かなり強引だったと思います。

商売で言えば、お客さんがその商品を欲しいと思っているかどうかの見分けもしないで、熱心に売りつけていたようなものです。
これでは、売り込まれるお客さんも迷惑ですが、売る方も疲れますよね?(笑)
いくらがんばっても結果がでません。
これはつらいですよね?

相手を見ないで自分のことばかり考えているとこうなりがちです。
ワルはこんな疲れる割に結果が出ないことはしません。
ワルは、まず女性をしっかり観察します。
そして、女性が持っている本能を引き出して欲しがる状態にします。
押し付けるのではなく、引き出すのです。
ここが大切なポイントです。

眠っている女性の性欲を目覚めさせて、どんどん引き出します。
さらに、引き出した性欲を女性自身に高めさせるのです。
自分からジタバタしなくても、女性の性欲を高めて、性的な刺激を欲しがる状態にすれば、相手はむさぼるように求めることを知っているのです。

女性のカラダが性的な刺激が欲しくて欲しくてたまらない状態を作ることを目的に愛撫をすると、女性の性欲は勢いよく高まります。
この、女性の力を引き出し徹底的に利用する愛撫が、後々の連続絶頂の大きなエネルギーになるのです。

女性の体が赤くなるくらい性欲を高める

性欲が高まったカラダは、その気になれば短時間でイカせることは簡単です。
普通の男性なら、女性が興奮してくると、どんどん強い性感帯を愛撫してイカせる方向に進むでしょう。

しかし、ワルはそんなにカンタンにイカせません。
早くイカせることよりも、性欲エネルギーをタップリと女性のカラダに溜め込む作業を積み重ねるのです。
女性が興奮しても、簡単には強い性感帯の愛撫には移らないで、女性に想像させ脳の性欲を引き出します。
徹底的にいじるといった方がいいかもしれません。

そして、ギリギリまで性欲を引き出し高めるのです。

その徹底ぶりは、挿入してもなお性欲を引き出します。
本当に女性のカラダが赤く染まるくらいまで高めます。

性欲エネルギーが満タンになれば絶頂は長く続く

ギリギリまで高まった女性のカラダなら、誰でも絶頂させることができますよね?(笑)
普通に挿入して動けば絶頂するでしょう。

しかし、ワルは普通の刺激ではなく女性の脳にダイレクトに快感を刻み込むような刺激で絶頂させます。
しかも、これは絶頂のスタートです。

その後も、自分の負担は最小限にして、女性の敏感なスポットを効率的に刺激して連続的に絶頂させます。
エネルギーが満タンに蓄えれれているので、絶頂感が強く長く続きます。

この挿入法は女性の脳に消えない快感を刻み込むようで、一度セックスした女性は高い確率で次の誘いを断れなくなります。

中でも、若い女性には一層強い刺激を刻み込みます。
これは、若い女性のカラダの特徴と、この挿入の刺激の相性がいいことが原因です。

具体的には次回ご紹介します。
若い女性が好きな方はお楽しみにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする