セックスで女の子が濡れる上手な言葉の使い方

女性がセックスにコミュニケーションを求めていること、そして、耳からの刺激で性欲が高まることはすでにお伝えしました。

そうです。
言葉は女性の性欲を引き出す大切な手段なのです。
耳からの刺激で脳が感じて、肉体が感じるようになる。
これが女性が感じる順番です。

これだけ重要な役割を果たす言葉ですが、使わない男性が多いですよね?
「照れくさい」
「恥ずかしい」
と思っている男性が多いようです。

しかし、あなたが言葉を使うのが好きか嫌いか、で選ぶのではなく、女性を喜ばせたいのか、喜ばせたくないのか、で選ぶべきです。
それくらいに効果があります。
喜ばせたいのであれば迷わず使いましょう。
「かわいいよ」「きれいだよ」「好きだよ」「愛してるよ」・・・
こんな短くて、言い古された言葉でもOKです。
こんな言葉でも聞きたいのが女性です。

こういう言葉なら女性も言葉や仕草で返事がしやすくなります。
こんな感じでコミュニケーションを増やしていきます。
これを続けて行くと“言葉責め”がスムーズにできるようになります。

“言葉責め”と聞くと、AVのようなドギツイ言葉を思い浮かべる方が多いですよね?
しかし、いきなりあんなドギツイ言葉をかけても効果はないと思ってください。
たとえば、ずっと無言で愛撫をしていて、
突然「ほ~ら、こんなに濡れているよ」
などと言ってしまうと、女性はどんな反応を返していいかわかりません。
これではコミュニケーションになりませんよね?

逆に「キモい」と思われてしまう可能性が大きくなります。
ですから最初は、先ほどご紹介したような、
女性が喜ぶ言葉をかけてコミュニケーションを増やして慣れさせていきます。
髪の毛に触れたら → 「キレイな髪だね」
抱き寄せて髪の匂いを嗅いだら → 「いい匂いがするね」
頬にふれたら → 「スベスベして気持ちいいね」

こんな自然な感じで言葉をかけていきます。
これで徐々になれてきます。
そして愛撫の進行に合せて、
キスをしたら → 「柔らかい唇だね」

鎖骨の辺りを唇で触れたら → 「細くてキレイな鎖骨だね」
乳房を愛撫するときは → 「スベスベして気持ちいいね」
乳首に触れたら → 「固くなってきたね」
言葉を少しずつエスカレートしていきます。

あなたの息遣いの乱れを女性に感じさせることも大切です。
そうすれば、女性も自然と息遣いを荒くします。
こうすることで、女性自ら性欲を高める効果があります。

こうしてステップを踏んでコミュニケーションを重ねていくと、性欲が高まった段階で、
「こんなに濡れてるよ」
「中が動いてるみたいだよ」
こんな言葉にも、女性はエッチな想像をかきたてるようになります。

くれぐれも、使うタイミングを間違えないようにしてください。
“言葉責め”はコミュニケーションと考えて、少しずつ高めていくことが大切です

愛撫での手・指・唇・下・足の使い方

それでは、愛撫に使う唇・舌・指などによって、効果的な刺激を与えるための使い方をご紹介します。
タッチの基本は超ソフトです。
女性のカラダは、基本的に強く押したり掴んだりする圧力では快感が起きません。

場所によっては刺激に変化をつけるために、例外的に少し強い力を加えることがありますが、基本は超ソフトです。
触れるか触れないかくらいのソフトなタッチで愛撫します。

ウブ毛を愛撫するぐらいの、サワサワした感じが最も快感が起きやすい刺激です。
ウブ毛は皮膚に根が埋まっていますよね?
ですから、意外にもカラダの中まで快感が伝わりやすくなります。

では、各部の使い高を説明します。

● 手・指の使い方
手・指は柔らかく使います。
指はまっすぐ伸ばさないで、パソコンのマウスを手のひらの中に入れる感じで使います。
指を柔らかく開いて指先、指の腹の部分で女性の肌に触れるようにします。
こうすることで、ソフトな刺激ができるようになるとともに、刺激に変化をつけることができるようになります。
複数の指先で肌の接点を増やしてさわさわとした感じの刺激や、振動も与えやすくなります。
また、指の腹の部分で撫で上げて、爪側で撫で下ろすなどの刺激のバリエーションを増やすことができるようになります。
指が滑らかに動くように日頃から訓練しておきましょう。

● 唇・舌の使い方
同じく基本は軽く触れる感じです。
唇はパクパク動かすような感じで愛撫します。
上下の唇と舌で女性の肌への接点を増やします。
舌は先端と先端の上の部分の他に、先端の裏側も使います。
ザラっとした感じと、ツルっとした感じで刺激に変化をつけることができます。

とくに、乳首やアソコなどの敏感な部分の愛撫で威力を発揮します。
使い方は自分の手や腕などで練習してみてください。
気持ちいい方法がわかります。(笑)

● 脚の使い方
使うのは“足”の部分ではなく太腿の部分です。
上半身を愛撫しながら、太腿で内腿を刺激するような感じで補助的に使います。
補助的ですが、女性の興奮が高まった状態ではかなりの効果があるので、ぜひ使ってみてください。

●愛撫の基本は3 箇所攻め
愛撫は一箇所だけではなくて、唇・舌・両手を同時にフルに使って行います。
代表的なのが三箇所攻めです。
女性は同時に複数のところを刺激されることで「あっちも、こっちも」みたいな感じで、快感が立体的に押し寄せます。
同時に攻めるポイントは基本的に離れたところを選びます。

たとえば、
左手で“頭”、口で“キス”、右手で“背中”
左手で“うなじ”、口で“わき腹”、右手で“内腿”こんな感じです。

カラダのあちこちで快感が湧きあがり立体感がでてきます。
ただし、アソコやおっぱいのように強力な性感帯が集中している部分では狭い範囲での三箇所攻めも大きな効果があります。

● 刺激に変化をつける
人間は同じ種類の刺激には慣れてしまいます。
これは三箇所攻めでも同じです。
三箇所に同じリズム、同じ種類の刺激で攻めるよりも、それぞれにスピードと刺激に変化をつけると快感が大きくなります。

たとえば、左手でうなじを軽くゆっくりと攻め、唇でわき腹にリズミカルにキスをする、右手で内腿に軽く円を描くような感じで攻める。
このように、スピード、強弱、直線と曲線に変化をつけて愛撫します。

● 一箇所に集中した方が良いときもある?
いつも3 箇所にこだわる必要はありません。
というか、一箇所だけに集中した方が性欲を引き出せるときもあります。
どんなときかというと・・・
クリトリスへの愛撫を始めるとき。

最初にアソコに指を挿入するとき。
最初にペニスを挿入するとき。
このときは、他のところを愛撫しないで女性の神経を一点に集中させる方が快感が大きくなります。
そして、小さな動きまでタップリと感じることができます。

性感帯はでっぱり・くぼみ・太い筋で見つかる

すでにお伝えしたとおり、女性の性欲が高まるスピードは緩やかです。
男性のように、ベッドに入ったときには臨戦態勢ではありません。

ですから、序盤は女性をリラックスさせて精神的に満たしてあげることを最優先にしながら、女性のカラダに性欲エネルギーを蓄えていきます。
一見地味なようですが、これが後で連続絶頂のエネルギーになります。
女性のカラダには全身に性感帯がちらばっています。

性欲を高めるためには、なるべくたくさんの快感帯を愛撫するとこが大切です。
しかし、実際に愛撫しているときは、どこが効果の高い性感帯なのかわからなくなります。

そこで、愛撫しながら性感帯が自然に見つかる3つのキーワードをご紹介します。それは、くぼみ・出っぱり・太い筋です。

これを見つけたら、とりあえず手当たりしだいに愛撫します。
女性も性感帯と思っていないところがたくさんあります。
丁寧に愛撫していくと女性のカラダに性欲がドンドン溜まっていきます。

くぼみ
「耳のうしろのくぼみ」、「鎖骨のくぼみ」、「わきの下」、「背骨のくぼみ」、「脚のつけ根のくぼみ」、「土踏まず」など、周囲よりもくぼんでいるところです。

出っぱり
「あごから耳にかけての顎骨」、「鎖骨」、「肩」、「肩甲骨」、「お尻のてっぺん」、「ひざ」など、骨の出たところですね。

太い筋
「首の頚動脈」、「腋から乳首への筋」、「アソコから内腿に出ている筋」など、太い血管、太い筋の出るところです。

セックスで精神的に満たすために女性はキスを大切にする

それではここから、具体的な愛撫に入っていきます。
想像力をフルに使ってイメージトレーニングをしてください。
セックスはAVを見るよりも、イメージトレーニングの方が効果があります。
まずはじめはキスです。

男性はキスを軽くみている方が多いですよね?
特に、セックスのときのキスは、お決まりのようなキスをして先を急いでしまう方が多いようです。
しかし、女性にとってキスはとても大切です。

女性はセックスに、「心も満たされたい」という欲求を強く持っています。
ですから、目と目を合わせながら顔を近づけることに精神的な親密度を感じ、唇が触れ合うことに、一体感や安心感を感じることができるキスは、女性にとってはとても大切なのです。
「エッチそのものよりもキスの方が好き」
という女性が少なくないのもこのためです。

キスが女性の中で特別な存在であることは、風俗で働く女性の中に、
「他のことは許してもキスは許さない」
という女性がいることでもわかりますよね?

それに、「女性がセックスの中でしあわせを感じるとき」でキスは2 位でした。
それだけ、キスでしあわせを感じたいと思っているわけです。
キスで、その男性がセックスが上手かどうかを無意識に判断している女性は少なくありません。
キスが上手ければ、女性の脳はその先を想像してどんどん興奮していきます。
そうすれば、この先の愛撫の効果を大きくなりますよね?
これほど大切なキスですから、十分に磨きをかけてください。
必ずあなたの大きな武器になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする