お尻・太腿・足を愛撫する方法

ここまで十分にじらしていますが、まだまだじらします。(笑)
もしかすると、あなたは時間が長すぎると感じるかもしれません。
しかし、女性はあなたが思う以上にタップリと時間をかけた前戯を望んでいます。
じらされることを望んでいます。

その後にくる最高の快感をプレゼントするためにもしっかりとじらしてください。
ほとんどの男性は愛撫を太腿でストップしていますよね?
しかし、膝から先にもちゃんと性感帯はあります。
直接的な性感帯でなく、間接的に性感に重要な役割を果たす器官につながっていているツボもあります。
おぼえておいて損はありません。
というか、知らないと損です!(笑)
ということで、気になるアソコを横目で眺めながら、下半身の愛撫に入っていきましょう。(笑)

● お尻
女性のお尻は魅力的ですよね?
思わず、撫でまわしたり、ワシ掴みにしたくなります。(笑)
女性の性欲が十分に高まって、メロメロ状態なら撫でまわそうが、ワシづかみにしようが、噛みつこうが、女性の反応を確認しなが攻めればすべて快感にすることも可能でしょう。

ところが、興奮が高まっていない段階では、お尻をしつこく愛撫されることを嫌がる女性は少なくありません。
痴漢もセクハラもお尻を触る輩が多いですよね(笑)
男性のお尻への思いに反して、女性はお尻に不潔なイメージを持っています。
ですから、つき合いが浅く、経験が少ない女性の場合は注意が必要です。
興奮が低い段階でやたらとしつこくお尻を愛撫すると警戒されてしまいます。
お尻への愛撫は女性の反応を見ながら進めてください。
嫌がるようなら無理をしません。

あなたがお尻が好きなら、一度ではなくセックスの度に少しずつ慣れさせるようにしていけば抵抗もなくなるでしょう。
お尻のふくらみは、腰骨からお尻の外側のエクボを通ってお尻の頂点までを、やわらかくギザギザに擦るように愛撫します。

次に、頂点から股を開くと現れる、太い筋の下のくぼみまでやわらかくタッチします。
くぼみの部分は重要な性感帯です。
円を描くような感じで丁寧に愛撫してください。
お尻のふくらみのやや下の部分を手のひら全体で優しく揉みます。
そして、お尻の内側に食い込む指先を掴んだり、ゆるめたりすることで、アソコに間接的に刺激を与えます。
この攻めで、アソコに直接触れなくても、アソコが開かれようとします。
これは女性にとっては刺激的な興奮を与えて、脳の想像が膨らんでいきます。

すでに女性が十分に濡れている状態なら、間接的な刺激でさらに濡れさせて、音がするくらいに攻めてみてください。
「直接触られていないのにどんどん濡れて音を立てている」
このシチュエーションは性欲の高まりを加速します。
ここでもまだアソコには直接触れません。
じらします。
肛門のまわりを愛撫する場合は、必ず女性の反応を確認しながらするようにしてください。
ここは無理するところではありません。肛門に触れた瞬間に冷める女性もあります。
とくに、はじめての相手の場合は避けた方が安全です。
そういう条件付ですが、愛撫するときは肛門のまわりを優しくマッサージするようにさすります。
しかし、肛門にはふれないようにします。
次にお尻のワレメにそってスーッと指を這わせます。
このときも肛門の直前で止めるか、肛門の横を通り過ぎるようにします。
肛門への直接的な愛撫は女性の反応を確認して慎重にしてください。
もちろん、抵抗のない女性もありますので、このあたりは相手に合せてということになります。

● 太腿から足に向かう愛撫
太腿はアソコに近くて性感の高いスポットです。

さらさらとしてやわらかな感触を楽しみながら、じらして攻めましょう。
太腿の愛撫は外腿を上から下へ、内腿を下から上へ、指先または口を使ってやわらかく愛撫します。
指で攻める場合は5 本の指先をやわらかく開いて、指の腹の部分と、つめ側を使って刺激に変化をつけながら攻めます。
たとえば、つめ側で外腿を膝に向かって撫で下ろし、指の腹側で内腿を股間に向かって撫で上げます。

撫で上げるときはアソコの直前で腰骨の方に方向を変えます。
これで、女性に伝える刺激に変化をつけます。もちろん、この逆もあります。
この動きを何度も繰り返します。
刺激に変化とじらしがあるので女性に飽きさせません。
膝は手のひらでやわらかく包み込むようにして、指先をゆっくりと開いたり閉じたりします。
指先で周回させるのもいいでしょう。
膝裏にも性感帯があります。
くぼんだ部分を指先や舌でやさしく愛撫してください。
このあたりを攻める男性は少ないので、女性にとっては新鮮です。
乳房や腹部を愛撫するときに同時に攻めるスポットとしても便利です。
乳房・乳首を口で攻めながら、女性の足を曲げて、足首の裏側→ふくらはぎ→膝裏→内腿とやわらかく撫で上げるようにします。

足の愛撫スポットは足裏と足の指です。

足裏と足の指は喜ぶ女性もいますが、口での愛撫は不潔なイメージを嫌がる女性も少なくありません。
あなたも、もし女性の足裏がきれいじゃなければ、気持ちよく愛撫できませんよね?
ここは無理しないで、相手の女性の反応を確認しながら攻めてください。
とくに、はじめての相手の場合は気をつけてください。
女性が嫌がる感じがあればパスします。
足裏にはたくさんのツボがあって刺激を与えることで体の各器官のはたらきをよくすることは広く知られていますよね?
「第二の心臓」とも言われて、全身の血液の循環をよくするとも言われています。
しかし、ここでは健康のための足裏刺激法をご紹介するつもりはありません(笑)
血液の循環がよくなれば、性感の高まりを加速することは容易に想像できますよね?
それだけではなく、足裏には性感の重要な器官である子宮などの生殖器官につながるツボがあります。

足裏は、指先でかかと部分を起点に足裏に8の字を描くような全体的な刺激と、指でポイントを押さえる刺激を繰り返します。
土踏まずは皮膚が薄くて刺激が伝わりやすいところです。
8の字はここでをクロスするようにします。
指先でも押さえて刺激します。
足の指は、指の間に手の指を差し入れてください。
足の指の間は敏感なので軽く指を入れるだけで、アソコへの挿入を想像させる効果があります。
普段はモノを入れないところなので、このシゲキが新鮮です。

● 脚の内側を股間に迫る
いよいよ足からアソコに向かって攻め上がっていきます。
足をスタートに解説していますが、流れによって膝、内腿からスタートに変えてください。
脚の内側を、くるぶし→すねの内側→膝の内側→内腿と口と指先を這わせて股間に迫っていきます。
このじわじわと迫る感じが女性の想像力を駆りたてまます。
その先を想像して女性は自ら興奮度を高めていきます。
ですから、想像する時間を与えるためにもゆっくりと攻め上がってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする