Gスポットの見つけ方と刺激する方法

いよいよGスポットの愛撫に入っていきます。
その前に、あなたはGスポットがどこにあるかご存知ですか?
一般的には「膣口から4~5センチ奥に入った膣の上側(お腹側)にあるので、中指を第2 間接あたりまで挿入して、お腹側に少し曲げるとあたります。」
こんな感じで紹介されてますよね?
基本的にはこの通りです。

しかし、始末が悪いことに、Gスポットの位置は人によって微妙に違います。
しかも、性的興奮度が低い状態のときは周囲との違いもわかりません。
若い女の子や、性的経験の少ない女性にはGスポットが未発達の人もいます。
ですから、Gスポットはクリトリスや膣括約筋のように場所がハッキリしていて、誰でも、いつでも感じるわけではありません。
このことを忘れないでください。
若い女の子や性的経験が少ない女性には気長にGスポットを開発する気持ちが必要です。
「ここにG スポットがあるハズだ!」と思い込みで、やみくもに刺激することは避けましょう。
目に見えないなだけに、始末が悪いですよね?(笑)

そんなあいまいなGスポットの見つけ方と、攻め方をご紹介します。
Gスポットは、人によって、ちょっと盛り上がっていたり、ザラザラしていたり、ブツブツしていたりします。が、中には何も変わらない人もあります。
ですから、見つけるためには大まかな範囲を刺激しながら女性が、他とは違う反応をするところを見つけるという作業が必要です。
まず、中指を第2 関節よりも少し深く挿入します。
そして、第2 関節を曲げた状態で、お腹側の膣壁を指の腹で入り口までゆっくりとかき出す感じで引きます。
膣口近くまできたら、また奥に指を挿入して指の腹が膣壁に当たるポイントを少しズラして同じようにかき出します。

これを繰り返してGスポットを探ります。
指に神経を集中してくださいね(笑)
このとき、見つかりやすくする方法をご紹介します。
利き腕の指で探すときに、反対の手で女の子の下腹部を押さえてみてください。
すると、指と膣壁の密着が強くなって見つかりやすくなります。
この方法はかなり便利ですから覚えておいてください。
さて、Gスポットが見つかったら、指の腹で「押し上げる」、「擦る」、「指先を振動させる」、などの刺激を与えます。

最初はゆっくりと、そして興奮が高まってきたらスピードを上げて、一定のリズムで刺激を続けていきます。
これで絶頂へ導くことができます。
絶頂が近づくと膣の奥の方が風船のように膨らんで、空洞状態となります。
このとき、下腹部を押さえることで指での愛撫を確実にヒットさせることができます。
Gスポットでの絶頂は「全身がシビレる」「全身の力が抜ける」など、クリトリスよりも深い快感があります。
しかし、Gスポットは膣内でも非常にデリケートな部分ですから、注意して優しく愛撫してください。

そして、Gスポットの反対側(下側)にも敏感なスポットがあります。
指をグルリと回転させて攻めてみてください。
もし、Gスポットが見つからなければ無理する必要はありません。
確実な膣括約筋で十分な快感を与えることができます。

● クリトリスと同時愛撫で絶頂に導く方法
膣括約筋、Gスポット、クリトリスなどは性感の強いスポットなので、それぞれ単独で刺激することで絶頂させることができます。
しかし、同時に攻めることでさらに快感を高めることができます。
利き腕で膣括約筋、Gスポットなどの膣内を愛撫しながら、もう一方の手または口でクリトリスを愛撫します。
膣内を速い動きで直線的に愛撫するときは、クリトリスはゆっくりと円を描くように愛撫します。
逆にクリトリスを指でバイブしながら、膣内をゆっくりと愛撫するなど、スピードと刺激に変化をつければさらに効果が高まります。

● ポルチオは注意が必要
膣の最深部の子宮口付近にポルチオという神経が集中している性感帯があります。
ここを圧迫すると子宮などの性感臓器に刺激が伝わり深い快感を与えることができます。

通常は指が届きにくい位置にありますが、性感が高まると子宮とともに指が届く位置まで下がってきます。
しかし、ポルチオへの刺激には注意が必要です。
ここは、年齢・経験などにより発達に個人差が大きいスポットです。
特に若い女性の場合は発達していないので警戒する女性が多く見られます。抵抗がないようなら、指で柔らかく押すように刺激してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする