ハメ撮りって何?やってみたいんだけど

『ハメ撮り』というコトバ、男性の方の多くがご存知だと思います。

呼んで字のごとく、おちんちんをオマンコにハメてるところを撮る、それが『ハメ撮り』です。

最近は意味が少し広くなっていまして、下のような写真の総称でハメ撮り(シリーズ)と呼んだりします。

■ まさしくオチンチンをハメている部分が写った写真
■ (おそらく下半身はハメているであろう、)上半身だけが写った写真
■ 女の子がフェラをしている状況が写った写真
■ セックス後の脱力した女の子・和みのシーンが写った写真
■ 女の子にオナニーをさせている状況が写った写真

つまり『ハメ撮り』というのは、女の子が日常生活では見せない、セックスなど性に関係するエッチな写真全般のことを指すと考えればOKです。

さてこれらの写真ですが、世の中に存在する『ハメ撮り』が作成された理由には一体どんなものがあるでしょうか。一般的な理由を下に挙げています。

■ 自分はこんな女の子とエッチしたんだぞという歴史を残したい
(戦闘機の☆印コレクションみたいなものですね)

■ 今の彼女と別れても『昔はこんな姿を自分に見せていたぞ』と振り返りたい
(独占欲や、未来のカレシに優越感に浸りたい気持ちですね)

■ 大切な彼女のキレイな姿をいつも手元に置いておきたい
(記念にもなりますしオナニーのオカズにもなります)

■ 彼女とのセックスでいつもと違うプレイをしてみたい
(マンネリカップルへの刺激にもなります)

つまり『ハメ撮り』というのは、大勢とエッチを楽しむ男性、1人の女の子を大切にしている男性どちらも楽しめて興奮できる、新しいプレイのカタチです。

最近はデジカメや写メ(=ケータイ電話のカメラ)など、1人1台カメラを身に着けている時代になりました!

このブログを読んでいるあなたもケータイやデジカメ、きっとお持ちですよね?それなら準備はもう大丈夫!

ちょっとしたコツを覚えるだけで、あなただけの興奮度ばつぐんハメ撮りを楽しむことができると思います。

それではセックスの新しい楽しみ方、『ハメ撮り』にさっそくチャレンジしてみましょう!!

ハメ撮りする前にぶち当たり大きな壁とは?

実際にチャレンジしたことがある人ならもうご存知だと思いますが、ハメ撮りは意外に難しいです。カンタンではありません。

実はハメ撮りを作成しようとすると、男子がまず100%ぶち当たる大きな壁があるんです。

それが、『女の子のモーレツな反対』です。

だって考えてもみてください。

■ そもそも写真が嫌いな女の子が存在する
(ノリの良い学生とかであればプリクラなどで写真慣れしているかもしれませんが、OLなどの社会人の女のコの中には、写真そのものがキライな子も多く存在します。こんな子をハメ撮りするなんて、さらに難しそうなハナシですよね)

■ 自分の非日常が残ってしまうのがイヤ&心配
(自分のおっぱいやオマンコをさらけ出しているスガタ、これは女の子にとってまさにシークレット。  男性のオチンチンをエロい顔してフェラチオしてる自分の痴態なんて・・・ほかの誰にも見られたくない姿ですよね。「どんな使われ方するんだろう・・・」って気になりますし、下手したらその写真をネタに脅されちゃうかも?  そんなバクダン、残したくない女の子が大半です)

■ 流出してしまうかもしれないのがイヤ&心配
(あなたはいつぞや、香港の芸能人のパソコンが盗まれて、その中にあった有名女優やアイドルとのハメ撮りがネット上に流出したのをご存知ですか? このようにハメ撮りには、相手が信頼できる男性でも、不注意や不慮の事故で自分のエロ画像が世間に出回ってしまうかもしれないリスクがあります。 だから写真をもし撮ったとしても、自分の見ているところで完全消去しておきたいのが女ゴコロです)

このような理由から、ハメ撮りをするには女の子からのモーレツ抵抗がほぼ100%あります。 ですが、私が教える魔法のテクニックでその幾多の困難をカンタンに突破できるヒミツのノウハウをあなたに伝授します!

ですから1つだけ約束をしてください!

■ ハメ撮り画像は責任をもって管理する!
(ファイル共有ソフトをインストールしているPCに入れておくなんて 言語道断。ウイルスに感染して全世界へバラまかれかねません)

■ 女の子のエロ写真を、不特定多数の目が触れるところに無断投稿しない
(パスワード管理されているスペースや、信頼できる仲間うちでの 成果共有であれば、リスクが少ないケースもあるかもですが・・・?)

■ ハメ撮りをネタに女の子を脅さない
(これはゼッタイにやってはいけない行為です。女の子の恥ずかしい写真を 人質に会ったりエッチすることを強要したりは絶対にしてはいけません。 今は自分の彼女じゃないけど、コッソリ自分の手元にハメ撮りあるんだもん ねウッシッシ優越感、これがハメ撮り道の美学です)

この3つを約束できるあなたは、さっそく次ページからのハメ撮りノウハウのに進んでください!

ルールは1つだけ!『女の子に害を与えないで楽しむ』 これがハメ撮り道の理想的なカタチです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする