ハメ撮りに向いているカメラは何?3種類のカメラについて長所と短所を紹介

一体どんなカメラがハメ撮りに適しているでしょうか?

このページではハメ撮りするときに何かと役に立つカメラの条件を紹介したいと思います。

総合的な結論を言うと・・・正攻法(※あとのページを参照)で静止画を撮りたい場合は絶対にデジカメで決まり!  動画を撮りたい場合もデジカメで決まり!

最近は身の回りにいろんなカメラが満ち溢れる時代になりました。 主な3つのカメラについて、それぞれハメ撮りをしようと思ったときのメリット・デメリットを説明します。

■ デジタルカメラ

・メリット

○:1番高い画質で静止画を撮影可能

○:動画もそれなりの画質・サイズで撮影可能

○:シャッター速度が速いので動きのある被写体でもキレイに撮影可能

・デメリット

特になし

■ デジタルビデオカメラ

・メリット

○:1番長い動画を撮影可能

○:動画の画質が1番良い

・デメリット

×:本体のサイズが大きい

×:デジカメよりも、向けられて嫌がる女の子が多い

■ 携帯についているカメラ

・メリット

特になし

・デメリット

×:フラッシュがないため暗闇での撮影に弱い

×:シャッター速度が遅いため動いているものの撮影に適さない

基本はデジカメを使用する方向で考えましょう!

ハメ撮りの方法は全部で3種類

ハメ撮りにはいったいどんな種類があるでしょうか?

大きく分けて下の3つに分類されると思っています。

ハメ撮り正攻法

(これは、女の子から正式に許可をもらって撮影するハメ撮り手法です。 女の子はハメ撮りされたのを知っていますし、その画像が残っているのも知っています。女の子の同意を100%もらった、1番平和なカタチのハメ撮りと言える でしょう。)

■ ハメ撮り邪道法

(これは、一部女の子の許可があいまいな状態に、洗脳トークやテクニックを用いて撮影するハメ撮り手法です。 女の子はハメ撮りされたのを知っていたりいなかったり、その画像が残って いるのを知っていたりいなかったり、覚えていたりいなかったりします。

世の中に出回っているハメ撮り画像のうち、このグレーなタイプもけっこう 多いのではないでしょうか。ハメ撮りは愛の確認作業です^^ちゃんとあとで 女の子に種明かししましょうね!)

■ ハメ撮りイタズラ法

(これは、たとえば女の子のオナニーを誘発して撮影したりするイタズラ手法です。一歩間違えるとおもいきり犯罪ですから、この情報は本当に取り扱い注意です。ハメ撮りは愛の確認作業です^^ちゃんとあとで女の子に種明かししましょうね!)

① まずはハメ撮り正攻法にチャレンジ!

(これをマスターすれば8割以上の女の子をハメ撮りできます)

② うまくいかない部分があればハメ撮り邪道法で女の子にフォロー!

(これをマスターすればほぼ100%の女の子をハメ撮りできます)

③ あとは個人の趣味でハメ撮りいらずらノウハウを使ったり使わなかったり!

(一歩間違うと手が後ろに回りますから、自己責任でお楽しみください)

・・・という流れで活用して頂ければ効果的です!

ハメ撮りは3種類あります!『まずは正攻法をしっかりマスターする!』 これがハメ撮り道上達のためのポイントだと心得ましょう!

まずはカメラに対する警戒感をなくす

ノーマルショットフェーズは、『まずはエロくない普通の写真を撮りましょう!』という小手調べのフェーズです。ホップステップジャンプでいうとホップ!

具体的には
■ 女の子のカメラ意識調査
(女の子がハメ撮りやカメラに対してどんな意識を持っているか、そして実際にハメ撮りをしようしたときにどんなリアクションを取ると思われるか、データをとっておきましょう!)

■ 女の子のカメラ予防接種
(エロ写真の撮影にうつる前に、予防接種的に女の子にカメラに慣れてもらいましょう!)
という意味があります!

『敵を知れば百戦あやうからず』ということわざがあります。
『備えあれば憂(うれ)いなし』ということわざもあります。

ハメ撮りの成功率を底上げして、ハメ撮りの難易度を下げてくれる重要なフェーズです。次からのアクションをしっかり覚えましょう!

2) カメラが今、たまたまそこにあるという自然さを演出
女の子の中にはハメ撮りに対して、それどころかカメラに対して嫌悪感や拒絶反応を示すコがいるという説明をしました。

■ 例えば女の子があなたの部屋に遊びに行ったときに、おもむろにベッドの枕元にデジカメが置いてあったらどうでしょうか?
(女の子は『ベッドで何を撮ってたんだろう・・・』って思い切り警戒します。 そしてこの状態であなたがハメ撮りしようとしても、『いつもそんな写真を撮っているのかしら?』って拒絶するのが普通です。)

■ 例えばあなたのポケットからいきなりデジカメが出てきたらどうでしょうか?
(女の子は『どうしてカメラなんか持ち歩いてるんだろう・・・』って思い切り警戒します。そしてこの状態であなたがハメ撮りしようとしても、 『いつもそんな写真を撮っているのかしら?』って拒絶するのが普通です。)

それでは、いったいどうやれば女の子の警戒や拒絶を消すことができるでしょうか。

そのためには、カメラが今そこにある自然を演出する必要があります。

下に具体的な方法を紹介しましょう。

部屋で普通の会話をしているときに・・・

【例1】
『あっそう言えば!○○ちゃん聞いてよ。この間デジカメに十六茶飲ませて壊しちゃってさ~。ビックカメラに修理に出してて今日やっと返ってきたんだよ。いやぁあの時はホント驚いた!ご臨終覚悟したけど治ってよかった~。』
という小話を、カメラを取り出しながらしてみましょう!

実は、この小話にはいろいろな心理トリックがあるんですよ。
(自分の失敗談を話す行動にはいろんな効果があるんですよ。 通常、男性は女性にかっこ悪い自分を見せたくないものですし、本当の自分より大きく、デキル男に見せたがるものです。でも逆にダメな部分を見せることによって、「僕はアナタを警戒していません」「あなたに僕のゼンブを見せてい
るんですよ」というサブリミナルメッセージを送ることができます。 その結果、女の子に親近感を持たせて警戒心を緩める効果があります。これを心理学でコロンボテクニックといいます)

■ 「修理に出してて今日やっと返って来た」
(つまり、「今あなたの手にデジカメがあること」「二人の間にデジカメの話題がふって沸いたこと」はたまたまで、ごく自然の出来事だという暗黙のメッセージを女の子に刷り込むことができます)

■ 「治ってよかった~。」
(今デジカメが手元に戻ってきたことを純粋に喜ぶ様子を表現しておきましょう!隣にいる異性が嬉しそうに喜んでいる…これは女の子も楽しい気持ちになりますよ)

カメラが今そこにある自然を演出しましたか? これで、デジカメが今二人の目の前に存在することに違和感がなくなりました。

そこで、じつは今起こしておくべき行動がもうひとつだけあるんです。

それはズバリ、「どうでも良い風景を試し撮り」してみること!

【例1】
『うーむちゃんと写るんかいな?変色したりしてないかな?』

なんて独り言を言いながら、部屋のなんでもない風景を撮って、画像を眺めてみたりしてみましょう!

実は、この独り言にもいろいろなトリックがあるんですよ。

■ 「ちゃんと写るんかいな?」
(カメラが正常に動くことを確認するために、そしてデジカメが復活したことが嬉しくて何となくいろいろなものを撮ってみたい楽しい気持ちをサブリミナルで女の子に伝えています。この布石が、ハメ撮り達成までの道のりの大切な一歩なんですよ!)

ノーマルショットフェーズで1番最初にやっておくべきこと。
それは、カメラがそこにある自然の演出!そして何気なしショットを撮っておく ことです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする