ハメ撮りを撮影する理由を説明しよう

挿入キスショット中に、あなたがやっておくべき1つめのアクションがあります。それは、ハメ撮りの理由を明らかにすることです。

挿入キスショット中に、あなたが間違いなく女の子に間違いなく聞かれるであろう質問があります。それは、
♀『あんっ  あんっ!  ねぇ、こんなの撮ってどうするの!?ねぇ?  あんっ  なににつかうのよぉ  んっ』
という質問です。

考えてもみてください。

女の子にとって、自分のあられもない痴態の写真を撮られてしまうなんてとてもリスクのあることですよね?誰かに見られてしまったらシャレになりません。

男性であれば少々は武勇伝で済まされる部分もあるかもしれませんが、女の子はそれこそお嫁に行けなくなってしまいます。だから、ハメ撮りの理由や使い道がとても気になるんです。

この質問にちゃんとした理由を答えることができれば、女の子は納得します。

それでは何と言えば良いでしょうか?
【例1】
♂『○○ちゃんに会えないときに、これを見て思い出したいな』

【例2】
♂『○○ちゃん可愛いから、お守り代わりに持っていたいんだ』

【例3】
♂『二人の思い出に、コッソリ待ち受け画面にしておこうかな』

とでも話しながら、ハメ撮りを撮影する理由を説明してあげましょう!

実は、このしゃべりにもいろいろなトリックがあるんですよ。

■ 「会えないときに、これを見て思い出したいな」
(要は、女の子のコトを「好き」という気持ちをサブリミナルに伝えています。好きな子でないと、一緒にいない時間にまで思い出したくありませんよね?
好きという気持ちを伝えられて気分が良くならない女の子はいません。ですから、この申し出に断るということは、「好きだという気持ち」に拒絶することと同じ。つまり、ハメ撮りをとても断りにくくなるんです。
このセリフは、「ノリに弱い女の子」「雰囲気に流されやすい女の子」に抜群の効き目があります)

■ 「可愛いから、お守り代わりに持っていたいんだ」
(これも、女の子のコトを「好き」という気持ちサブリミナルに伝えています。
好きな子でないと、お守りになんかしませんよね?
しかもこちらは、女の子のことを可愛いと褒めちぎっています。可愛いといわれて気分がよくならない女の子はいません。
ですから、この申し出に断るということは、「男性に好かれる可愛い自分」を否定することと同じ。ことと同じ。つまり、ハメ撮りをとても断りにくくなるんです。
このセリフは、「自意識過剰や自分に自身を持っている女の子」「ホメ殺しに弱い女の子」に抜群の効き目があります)

■ 「思い出に、コッソリ待ち受け画面」
(今の時間帯が、思い出に残るステキな時間であることをサブリミナルに伝えています。つまり、いまのひとときを大切にしたい気持ちが女の子に伝わります。
そして待ち受け画面というのは普通、お気に入りの画像しか選びませんよね?
自分は女の子のことを気に入っていて、今撮っているハメ撮りは待ち受けにして良いくらいお気に入りの写真、つまり「恥ずかしい写真じゃあない」ってメッセージを暗にアピールしているんです。
ですから、このセリフを言うことによって、『普通は撮らないようなエッチな写真を撮影している』という認識を思い切りマヒさせることができるんです。
このセリフは、「比較的マジメな女の子」「人や思い出に依存しやすい女の子」に抜群の効き目があります)
下半身はオチ○チ○のピストンを続行中なのでなかなかくっちゃべる余裕がないかも知れません。ですが、水面を優雅に泳ぐ白鳥も下半身は必死で水を掻いているのと同じです(笑)

ハメ撮りに対して理由を納得してもらう、これはハメ撮りを成功させるためにとても大切なことです!

できるだけロマンチックな雰囲気で、二人の挿入キスショットをおねだりするのがポイントですよ。

挿入キスショットフェーズで1番目のアクション!それは、ハメ撮りの理由を明らかにすることです!

挿入キスショット中にあなたが言うべき2つの台詞

挿入キスショット中に、あなたがやっておくべき2つめのアクションがあります。それは、ハメ撮りへの不安を取り払うことです。

【例1】
♂『こんなエロい写真・・・恥ずかしくて誰にも見せられないよ。^^;』

【例2】
♂『こんなエロい写真・・・二人だけのヒミツだよね?』

とでも話しながら、挿入キスショットを他へ流出させない意思をアピールしながら撮影してみましょう!

実は、このしゃべりにもいろいろなトリックがあるんですよ。

■ 「恥ずかしくて誰にも見せられないよ」
(これは、「他人に見られたら自分も恥ずかしい」。つまり恥ずかしいのは女の子だけじゃないんだよというメッセージをサブリミナルに送っています。
さらに説明すると、自分も恥ずかしいから誰にも見せないからね、つまり撮ったハメ撮りは細心の注意を払って管理するからねという、女の子を安心させるためのメッセージも含まれています)

■ 「二人だけのヒミツだよね?」
(これは、「他人に見せるわけにいかないよね?(見せないから安心してね)」
というメッセージを女の子に送っています。
実はこのフレーズはとても巧妙な心理トリックが含まれています
①『二人だけのヒミツだよね?』と言われて、Noと返す女の子はまずいません(ハメ撮りを他人に見られたい女の子はあまりいませんからね^^;)。

②もちろんここで女の子はYesと返すのですが、「見られたくない」→ 「二人だけのヒミツにする」ということは、じつは『ハメ撮りするけれど、二人だけのヒミツにする』という内容でもあるのです。

③ですから、他の人にバレては困るからYesしただけのつもりが、無意識にハメ撮りをOKしてしまっているんですね。女の子は、「あれ?私ハメ撮りOKしちゃってる?ということは私イヤじゃないのかな?うーん、まぁ いっか」と少しずつ自分自身に納得してしまうんです。

また、『二人の』というキーワードも重要です。一方的にハメ撮りを取られているのではなくて、二人で作り上げている、そして二人だけのヒミツにしておこうねという共犯意識を共有することができれば、女の子はさらに安心してくれます。

共犯だから→二人とも恥ずかしいから→他人に見せるなんてないだろう
だから、ハメ撮りされても安心☆  と思ってもらうことが大切です

ハメ撮りは女の子にとってとてもリスキーな行為です。
■ 自分の非日常が残ってしまうのがイヤ&心配
(自分のおっぱいやオマ○コをさらけ出しているスガタ、これは女の子にとってまさにシークレット。男性のオチ○チ○をエロい顔してフェラチオしてる自分の痴態なんて・・・ほかの誰にも見られたくない姿ですよね。「どんな使われ方するんだろう・・・。」って気になりますし、下手したらその写真をネタに脅されちゃうかも?  そんなバクダン、残したくない女の子が大半です)

■ 流出してしまうかもしれないのがイヤ&心配
(あなたはいつぞや、香港の芸能人のパソコンが盗まれて、その中にあった有名女優やアイドルとのハメ撮りがネット上に流出したのをご存知ですか?
このようにハメ撮りの相手が信頼できる男性でも、不注意や不慮の事故で自分のエロ画像が世間に出回ってしまうかもしれないリスクがあります。
だから写真をもし撮ったとしても、自分の見ているところで完全消去しておきたいのが女ゴコロです)

不安を取り除いて女の子を安心させる。これは女の子がハメ撮りをいやがる大きな心理的な障害をとりのぞくためにとても大切なポイントですよ。

できるだけ誠実にでも楽しそうに、二人の挿入キスショットをおねだりするのがポイントですよ。

オマンコにオチンチンを挿入して興奮させよう

挿入キスショット中に、あなたがやっておくべき3つめのアクションがあります。それは、女の子を興奮状態にみちびくことです。

【例1】
♂『○○ちゃんすごく濡れてるよ。カメラで興奮してるんじゃない?』

【例2】
♂『○○ちゃんMなんじゃないの?カメラが見てたらすごく感じてるし締まってるよ』

とでも話しながら、ガンガンにオチンチンをピストンしつつ挿入キスショットを撮影してみましょう!

実は、このしゃべりにもいろいろなトリックがあるんですよ。

■ 「すごく濡れてるよ。デジカメで興奮してるんじゃない~~」
(女の子が濡れている理由とデジカメ撮影を結び付けてしまうフレーズです。ちゃけた話、オマンコにオチンチンを挿入されてピストンされたらどんな女の子だって濡れますって(笑)
ですが「その理由がハメ撮りなんじゃないの?」言われたら、女の子はNoと言いきることはできません。
(もしかしたらハメ撮りされてワタシ興奮してる?)
(体がハメ撮りを受け入れて反応してるの?)
と次第にココロが錯覚を起こして興奮状態に導くことができます)

■ 「Mなんじゃないの?カメラが見てたらすごく~~」
(これも先ほどと同じく、女の子が感じている理由とデジカメ撮影を結び付けてしまうフレーズです。
セックスは基本的に男性が動いて、女性がそれを受け入れる(=Mに通じる)という行為です。ですからぶっちゃけた言い方をすると、全ての女の子にはMッ気があると言っても過言ではありません。
ですから「Mなんじゃないの?」「いつもより感じてるんじゃないの?」と言われたら、女の子はNoと言いきることはできません。
(もしかしたら私けっこうMなのかも?)
と次第にココロが錯覚を起こして興奮状態に導くことができます)

仮に、「違うもん。私撮られるのに興奮なんかしていないもん」と否定されたらどうしたら良いでしょうか?答えは簡単です。

【例1】
♂『こんなにグチョグチョにしといて。○○ちゃんウソついたらダメだよ。』

とでも話しながら、ガンガンにオチンチンをピストンしつつ挿入キスショットを撮影し続けてみましょう!

オチンチンをピストンされたら誰でも濡れます。でもその理由は「ハメ撮りに興奮してるから」でしょ?

できるだけエロく、でもしっかり下半身はピストンしながら二人の挿入キスショットをおねだりするのがポイントですよ。

本格的なハメ撮りを撮影しよう!

ハメ撮りショットフェーズは、『エロいハメ撮りをガンガン撮影しましょう!』という3番目のメインフェーズです。ホップステップジャンプでいうとジャンプ!

具体的には
■ セックスしている状態をハメ撮りする(基本ハメ撮り)
(まさしくオチンチンがオマンコにはまっている状態や、女の子がエロい鳴き声を出して乱れている状態をハメ撮りしましょう!)

■ 女の子の協力が必須の高等ハメ撮りを実現する(高等ハメ撮り)
(ハメ撮りの中には、女の子の協力が必ず必要なハメ撮りがあります。これらの高等ハメ撮りに挑戦しましょう! )
という目的があります!

挿入キスショットフェーズのアクションを徹底していれば、女の子の多くはハメ撮りを拒否しません。『いや!撮らないで』と顔を隠すことはあってもセックスを中断させるまでの抵抗はまず無いでしょう。
ですから、いよいよお待ちかねの本格ハメ撮りに突入!!それがハメ撮りショットフェーズの役割です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする