騎乗位でのハメ撮りはおっぱいを一番綺麗に撮影できる

女の子のハメ撮りを撮影するのに3番めの基本のスタイルを伝授しましょう!それはズバリ、騎乗位ハメ撮りショットです。

■ 騎乗位ハメ撮りショットの準備!
まず自分が横になって、女の子をオチンチンの上に座らせてピストンします。

下から突き上げても良いですし、女の子にグラインドさせてクリトリスとオマンコと同時刺激させても良いですね。

まずはオマンコの中のオチンチンをある程度ピストンして女の子を気持ちよくしてあげましょう(女の子は感じれば感じるほどハメ撮りへの抵抗心が弱くなっていきます)。

■ 騎乗位ハメ撮りショットにチャレンジ!
騎乗位ハメ撮りの場合は、デジカメを持つ手は片手でも両手でもどちらでもOK!

女の子の上半身の正面にカメラを構えて、パシャリ!
(下半身はできるだけ全力ピストンしておきましょう)

これがハメ撮りの第3基本形、騎乗位ハメ撮りショットです。
【例1】
♂『○○ちゃん可愛いよ。すごくキレイだよ。』

とでも話しながら、ハメ撮りショット&ピストンを繰り返してみましょう!

実は、このしゃべりにもいろいろなトリックがあるんですよ。

■ 「可愛いよ。すごくキレイだよ。」
(多くの女の子は「エッチ中の自分は可愛くない・恥ずかしい・人に見せられるようなものじゃない」という気持ちを持っています。
ですから、素直に「可愛い」「キレイ」というコトバを投げかけて安心&自信持たせてあげるのがコツです。
ノーマルショットフェーズでソロ写真を許した女の子は自分に自信を持っていたり、持っていたいと思っています。また目立つのが好きだったりします。これらの女の子にはホメ殺しがよく効きますよ)

ちなみに。

あらかじめ、女の子との合体を解除しないで手が届く位置にデジカメを置いておくことがコツです。

騎乗位ハメ撮りは良いですよ~。
なぜかというと、女の子のおっぱいが1番キレイに写るハメ撮りだからです!
正常位だとおっぱいは重力でつぶれてしまいますよね?バックだとあなたからはおっぱい見えませんよね?騎乗位はバッチリ見上げるアングルですからね。
オッパイ好きにはたまらないハメ撮り、男性はみんな興奮しますよね。

ハメ撮りショットフェーズで3つめのハメ撮りチャレンジ!それは、騎乗位ハメ撮りショットです!

ハメ撮り中、デジカメで女の子を綺麗に撮影する方法

お友達同士でハメ撮りを見せ合いっこしているとよく質問されることがあります。

【質問1】
♂『どうしてあんなにきれいに画像の中に女の子が納まるんですか?もしかして他に撮影者がいるんですか?自分ははみ出したり小さかったり安定しません。』

【質問2】
♂『女の子のカラダがぶれまくってクッキリ撮れないんです。雰囲気出ていいんだけどハッキリした画像が好きなんです。』

この疑問にお答えしましょう!

■ 「レーザーサイトを使いましょう」
(最近のほとんどのデジカメに、レーザーサイトと呼んでいる機能があります。このレーザーサイトというのは、カメラのシャッターを半押ししているときに出るオレンジ色の光のことす。全部押し込んでしまうとシャッターが切れてしまうので、途中までゆっくりググッと押し込んでみてくださいね?多くの機種はこの状態で赤っぽい光が懐中電灯のように前方を照らしていると思います。

この光の目的は赤目防止だったり標準合わせだったりするのですが、この光が当たっている場所が撮影の中心になるということですから、とても目安になります!

私が使っている機種だと、手を目いっぱい上に伸ばして、女の子のミゾオチ辺りに光を当てて撮るとちょうど女の子の上半身が写真に入ります。

この撮影される範囲はメーカーや機種によっていろいろ違ってくると思いますので、いろいろ予行練習をしてみて、撮影範囲をカラダで覚えましょう!

■ 「デジカメを使って、フラッシュをたきましょう」
(まず仕様するカメラの種類についてです。ハッキリクッキリした写真を撮りたいときはケータイのカメラではなくデジカメを使うようにしましょう。
最近のケータイに付属しているカメラは随分高性能になってきましたが、それでもデジカメに比べればまだまだチープなところが多いんです。その代表的なものがシャッター速度。ケータイのカメラの方がシャッター速度が遅いので、動いてるものを写すとブレやすくなります。
ブレているハメ撮りもリアルな雰囲気で個人的には嫌いではないのですが、ハッキリ撮りたい場合はデジカメを使用するのがベターです!

あと、もう 1 つアドバイスです。
撮影時はフラッシュを使った方がハッキリとブレない画像が撮れます。ハメ撮りに慣れてくると多くの人が画質や構図を気にしだすんですよ。確かに良い思い出は良い画質で残したい。その気持ち、よ~く分かります!)

せっかく残すハメ撮りですから、納得のいくクオリティで撮影しちゃいましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする