3分でわかる!ハメ撮りマニュアルを画像でまとめてみた

挿入キスショットフェーズでやるべきこととして、1つの下準備と5つのチャレンジ、2つのアクションを紹介しました。

これを分かりやすく図示すると、下のようになります。

上の図を見ていただければ分かると思いますが、まずは「感じさせて興奮」「女の子に仕事」という2つのアクションを使いこなして、1.正常位ハメ撮りショットを撮影達成するのがこのフェーズでの最初の目的です!

それに成功したら、女の子の反応を見ながら2.バックハメ撮りショット→3.騎乗位ハメ撮りショット→4.フェラチオ撮りショット→5.オナ○ー撮りショットへと段階的にチャレンジしていきましょう!
慣れれば一度のセックスや初回のセックスだけでチャレンジ5まで実現できるようになりますが、どのハメ撮りまで撮影することができるかは「その日の女の子の気分」や「あなたとの信頼関係の度合い」や「二人の相性」などいろんな要素で確率が変わってきます。

ですからまずは基本の正常位ハメ撮り、これを達成できれば上々という感覚でチャレンジしてみましょう!

ハメ撮りショットフェーズの役割、それは女の子がどこまでのエロ画像撮影を許してくれるか探りながらガシガシハメ撮りショットを撮影していくこと!
このハメ撮りマニュアルのメインディッシュです!

ハメ撮りをした後のアフターフォローを忘れるな

後始末なごみフェーズは、『ハメ撮りのアフターフォローをしっかりやっておきましょう!』という4番目のメインフェーズです。ホップステップジャンプでいうとジャンプ!のあとの着地!

具体的には
■ ハメ撮りした記憶を薄める
(「ハメ撮り」をしたという事実はできるだけ忘れてもらった方が都合が良いです。女の子の記憶を薄めておきましょう!)

■ ハメ撮りされたことへの不安感の除去
(女の子にとって、自分のエロい顔や恥ずかしい部分を撮影されたなんてどんな悪用されるか不安ですよね?その不安感を消しておきましょう!)
という目的があります!

ハメ撮りをしたあとに意外と初心者が失敗しやすいのが、「やっぱりハメ撮りなんてイヤ!その画像消してよ!」なんて風に女の子が心変わりを起こされることです。
せっかく撮影したハメ撮りを消してしまうなんて、撮っていないのと一緒です。悲劇です。アフターフォローで女の子の心変わりを抑えましょう!

それが後始末なごみフェーズの役割です!

女の子の視界からデジカメを外す
ハメ撮りを撮影し終わったあとに、あなたがやっておくべき1つめのアクションがあります。
それは、女の子の視界からデジカメをはずすことです。

【例1】
ハメ撮りを撮影して、そろそろ射精したくなったあなた。フィニッシュするためにオマ○コに入れたオチ○チ○を本気ピストンします。そしてお腹にドピュッとな!

そうしたら
『えーと、ティッシュティッシュ・・・。ティッシュはどこだ。。』
とでも話しながら、デジカメを持ったままベッドから離れましょう!

実は、このしゃべり&行動にはいろいろなトリックがあるんですよ。

■ 「ティッシュティッシュ・・・。ティッシュはどこだ」
(あなたはこのセリフを言いながら、さりげなくデジカメを持ってティッシュを探しに行きます。そしてティッシュを見つけたら、デジカメは見えない場所に置いて、ティッシュだけ持って女の子の元に戻りましょう。

セックス中の女の子は興奮していますから、普段はやらないような大胆な行動も勢いでOKしてしまうことがあります。でも、ふと我に返ったときに足元にデジカメがすっ転がっていたらどうでしょうか?
① あ、カメラが落っこちてる。
② あー、そういえば私ハメ撮りされちゃったんだ・・・。
③ ハメ撮りは残す? Or それとも抹消しておく?
という2択が女の子の脳裏をよぎるんです。その結果・・・
♀『やっぱりハメ撮りとかありえない!これ消すからね!』
なんてことを言い出すケースがあるんですね。視界に入ってしまうと思い出さざるを得ないし、考えざるを得ないし、口出しせざるを得ない。

ですから、この行動とセリフの本当の目的は、「ティッシュを探すこと」ではありません。女の子の視界から「ハメ撮りしたデジカメ」を遠ざけることが目的です。

ですからティッシュはあらかじめベッドから離れたところにおいておく。これが大切なポイントなんです)

せっかく撮影したハメ撮りを女の子に抹消されてしまうなんて切ないですよね?
このリスクが現実にならないように、小さな心遣いでずいぶん効果があるんですよ。

後始末なごみフェーズで1番目のアクション!
それは、女の子の視界からデジカメをはずすことです! 女の子が「ハメ撮りをどうするか」ということを考えないようにするのがポイント。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする