デリヘル嬢を自宅に呼んで盗撮しても、帰る前にちゃんと種明かしをしよう

ここでは、盗撮による被害を受けないための、自衛を目的とした知識を伝授します。

勘の良い方はもう気づいていると思いますが・・・6つのハメ撮り裏魔法は、基本的に「彼女やナンパした女の子とエッチするときに、女の子の拒否をかいくぐってちゃっかりハメ撮りしちゃう」ためのおちゃめテクニックです。

ですがこれらの多くは、本格的ないたずら撮影にも活用することができてしまいます。

・ デジタルカメラ
→据え置きダマシ撮りテクニック

・ デジタルビデオカメラ
→据え置きダマシ撮りテクニック、ナイトショット隠密撮りテクニック

・ Webカメラ
→Webカメラダマシ撮りテクニック

あたりは、例えばあなたの家に女の子がやってくる直前にあらかじめカメラを動作させておけば動かしておけば、女の子がまったく気づかないことがあります。
つまり、カメラを気にしない素のエッチなシーンを撮影できるかもしれません。

他人の家なんかだと不自然に思われる可能性が出てきますから難易度があがると思いますが、特にあなたの自宅においては「ちょっとそれ見せてよ」という風にツールを改められることもめったにありません。

ですから、ほんのちょっと知恵を使えば電器屋さんで普通に売っているツールを使って、よりナチュラルなエッチシーンをハメ撮りすることが出来ますよね!。

ほかにも・・・
自宅にいらずらの仕掛けを設置するのであれば、デリヘル嬢とのプレイをコッソリハメ撮りしてしまうことができるかもしれません
(風俗嬢は、基本的に写真撮影はNGのお店や女の子がほとんどです)
ビジネスホテルなどの宿泊先でも、カメラ類の置き方を少し工夫すればカンタンにいたずら撮影ができてしまうのかもしれません。
ちょっとしたコツですが、「カメラ類は単独で置くのでなく、バッグなど他の荷物とごっちゃにして置いておく」と被発見率がかなり下がる可能性が高いですから気をつけましょう!

このハメ撮りは女の子と二人で見て次のセックスをより興奮して楽しめるための材料に使ってくださいね。つまり、撮影したあとはちゃんと女の子に種明かしをして、必要であればデータを削除しましょうね^^

友達が遊びに来たときトイレでおしっこしている所を盗撮する方法…いや防止方法

ここでは、ハメ撮りライフをより楽しくする役立つツールの紹介をしたいと思います。

■ とても使える超小型カメラ
あまり知られていないことですが・・・最近は一般人でも、とってもイケナイツールを簡単に購入することができます。

世の中にはいろんなツールが販売されていますが、とくにオススメなのが以下のアイテムです。

・ 超小型カメラ
手の中にもスッポリと隠れてしまうほどの超小型ビデオカメラです。こんなに小さいのにカメラ内蔵で動画を撮影・録画できるスグレモノ!

その上なんとマイク内蔵で音声までも一緒に録音できてしまうんですよ。 小さいクセに内蔵の充電電池で数時間も稼動が可能ですからいろんな活用の仕方ができそうですね!

この超小型カメラ、タバコケースに入っちゃうくらい小さいですし高性能、これは正直ぶっちゃけ相当使えるおもちゃですよ。

1番の売りは、コードとか一切無しのコードレスですからとっさに隠すことがカンタンなこと。一見USBメモリの一種かと思ってしまいそうなフォルム。本当にカメラと気づかれにくい超小型カメラです!

こんなものがi-podより安い価格でカンタンに購入できるようになったなんて・・・。悪用する人が居たとしたら恐ろしい世の中になりました(汗)

でも女の子がカメラの存在をあまり気にしなくなるので、よりナチュラルなハメ撮りやエッチシーンを撮影するにはもってこいですね^^

ちなみに、お小遣いに余裕があってちょっとした専門知識もある方ならこんな
アイテムもオススメです。

・ マイク付き超小型
先端のキャップを交換することで簡単にレンズをカムフラージュできる小型カメラです。ボタンキャップをつけて服の中に仕込むことも可能ですし、専用の超小型マイクまでついて音声もバッチリ!

先ほどの超小型カメラに比べると、有線である分、場所を変えながらとっさにカメラを仕掛けたりなどの機動力にややや劣ります。

ですが、先ほどの超小型カメラより高画質で、長時間の撮影に強いです。場所は固定、ジックリ高画質でという感じの、やや玄人&マニア向けのカメ ラと言えます!

さて、これらを使ってどんなことができるでしょう?

たとえば…

■ トイレシーンすらゲット!?究極アイテム活用いたずら法
これはあくまで防犯を目的とした例えバナシですが。。。

女の子が遊びに来てるときに、ちゃっかりコレらをト○レに仕込んでいたらどうでしょうか?

♀:「トイ○借りても良い?」 と言われたら、
♀:「あ、ト○レットペーパーあったかな?ちょっと待って」

とでも言って、コレを仕掛けて戻ってきたりして(笑)

仕掛ける場所はどうしたら良いでしょうか。 もともとト○レにありそうなもの・・・例えば買い置きのティッシュペーパーや洗剤の箱などをちょっと細工すれば、このツールをいくらでも隠すことができますよね。

この方法を使えば、例えば彼女の秘密のシーン、コッソリハメ撮り撮影してしまうことができるかもしれません。いえ、されるかもしれないので、教科書を読んだあなたは被害に遭わないように気をつけてください!

また、回転の速いレンタルルームやカラオケ、満喫やラブホテルにこのツールを見つからないようにそっと忍ばせておくと、もしかしたら次のカップルがすぐに入室してアンアン始めるかもしれません。つまり、他のカップルの秘密のセックスをハメ撮りしてしまうことができるかもしれません。

ですが、この方法は『いたずら隠し撮りノウハウ』のポリシー、『公共の場所など、自分の権力の及ばないスペースで実施しない』に違反しちゃいますから、特にやっ
ちゃダメダメです|ω・)b

そもそもこれらのカメラは、例えば裁判なんかで使う「離婚の理由になりうる証拠」 なんかを残すとか、例えば隣人に嫌がらせされててその犯行の一部始終の記録を残すために使用するのが正しい使い方といえましょう!

ですからこんなヘンテコリンな使い方はゼッタイにやってはいけません! でもこれらのノウハウ、教科書を読んだあなたは被害に合わないために覚えておいてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする