ヤレるバー!女の子が雰囲気に酔ってしまうバーの選び方

女性とのデートの場所ですが、カウンターのお店にしてください。
「でも、和民とか、白木屋とか、まあまあオシャレな居酒屋でもいいですよ」
とは、口が裂けても言いません。ここは、必ずカウンターのバーにしてください。必ずです。

「女性との待ち合わせが19時です。正直言って、お腹がすいてます。何か唐揚げとかつまみたいです。でもいきなりバーなんですか?」

すみません。我慢してください。必ずバーです。つまみよりも、女性の方が大事です。バーにしてください。女性とセックスしたかったら、

今日から居酒屋に行くのは禁止です。居酒屋に行くのは、セックスした後にしてください。セックスした後なら、ワイワイにぎわっている居酒屋に行ってビール飲んだり、から揚げとか食べながら、サラリーマンや学生が全力で叫んでいるようなうるさい店内で、怒鳴り声を上げながら彼女と会話をしてもOKです。

しかも、あなたのすぐ隣には大声で女の話で盛り上がっているサラリーマンや学生がいて、気になってしょうがないと思います。だから、ちょっとロマンチックなセリフとか、口説いたりするは困難だと思うので、無難な「世間話」とかしてください。「会社の話」「どこに住んでるの話」等でも、これはセックスした後ですよ。

セックスするまでは、我慢してバーにしてください。
「でも、バーなんて行ったことがありません。 どこのバーに行けばいいんですか?教えてください」

分かりました。では、これからどんなバーを選べばいいのかお話ししますね。参考にして下さい。

どのバーに行けばいいのかというと…一言で言うと、ヤレるバーを選んでくださいということです。ちょっと面白い話なので、聞いて欲しいのですがいろんな女の子に聞くと、男性と女性で「お店を選ぶ基準」が確実に異なります。

女の子とのデートで、非常に参考になるので覚えておいてください。たとえば、男性がお店を選ぶ基準は、
1.味
2.値段
3.量
です。
(あるいは、1.味、2.量、3.値段でしょうか)

しかし、女性がお店を選ぶ基準は
1.雰囲気
2.味
3.値段
です。

ここで、男性とは違い、「雰囲気」が入ってきます。しかも一番最初に。それくらい女性はお店の雰囲気を重視しています。この前、女の子に言われたのは、
「最近、女子会といって、女の子だけで5~6人くらいで食事に行ってガールズトークをしたりすることがあるけど、幹事って本当、大変なのよね。あーだこーだ言って。これが食べられないとか、あれば食べられないと、味が濃いとか言うし。

でも、女の子って2つの感覚で楽しむことができるの。1つは料理の味。でも女の子って好き嫌いが多いから味で選んで、もし味がたいしたことないと感情的に納得がいかなくなるの。しかもそれで、お店の雰囲気が普通だったら、最悪。嫌な気分しか残らない。でも、そこでお店の「雰囲気」がすごくよくって楽しめればたとえ味がたいしたことがなくても、みんな納得なの。

女の子って1つでもいいところがあれば許しちゃうから「味」と「雰囲気」の両方に可能性を残しておけばどちらかがダメでも、どちらかで救えるときがあるの」
と言ってました。

男性からすると「ふざけんな!」と言いたくなるかも知れませんがこれはしょうがないです。そういうものだと思って、雰囲気重視でいきましょう。雰囲気さえ良ければ、女性は酔います。だからこそ、デートで行く店は、バーが一番です。もしバーなんて行ったこともないし、よく知らないなら、以下のサイトを参考にして下さい。
http://bar-navi.suntory.co.jp/

具体的にやれるバーの基準をお話しますが、
◆ヤれるバーの基準
・雰囲気がいい
・店内が暗い
・安い(重要!)

だから、行って欲しいバーは「カジュアルバー」です。大まかに言うと、バーと言っても何種類かあって
・オーセンティック・バー
・ショット・バー
・その他、カジュアルバー等
あります。(ただ、これといった基準はない)

オーセンティック・バーは、本格的な伝統的バーです。お店には、フードがなく(あるとしても乾き物だけ)、カウンター席しかなく、初老のバーテンダーがいて、ジックリとお酒を飲ませるようなところで、音楽は静かで、シーンとしています。

もちろん、サラリーマンや学生が「ウワー!!」と叫び声を出して盛り上がっているような店ではないです。ちなみに、バーを選ぶときの注意ですが、いきなり静かな雰囲気のオーセンティックバーではなく、カジュアルなバーにしてください。あまりにもシーンとしたバーだと、そもそも会話も盛り上がれないし口説けません。

ショット・バーですが、基本的には、ボトルキープなどはなく、文字通りそのまま一杯ずつ飲ませるバーです。カジュアル・バーは、もっと気軽にお店に入って楽しめるようなバーです。 「堅苦しくない」「敷居が低い」「入りやすい」 などです。

そしてあなたは、今後「カジュアル・バー」で女性を口説いてもらいます。

ただ、「カジュアルバー」の基準がないので結論を言うと、バーの形式とか形態はともかくやれるバーの基準である
・雰囲気がいい
・店内が暗い
・安い(重要!)
は当然として、更に
・「シーン」としていない。ある程度「ガヤガヤ」している
・音楽が流れているが、会話のジャマになるくらいにうるさくない
・男性のサラリーマン同士、学生同士が飲み会を開いていない (開けない)ような店
このようなところがいいです。

このようなバーを選んでください。なので、ある程度は調べないといけないです。せっかくのデート。いきなりお店に入ったら、
「あれ?イメージと違う…」
となると、いきなり「ホーム」状態のはずが 「アウェイ」状態になってしまいおそらくその日はセックスはできないでしょう。

ちなみに、僕の場合はインターネットなどで、使ってみたいバーを見つけた場合は女友達に 「すっげー良さげなバー見つけたから、付いてきて」と言って一緒に行ってもらうようお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする