バーのあとはボディータッチとキスをするため公園に行こう!

バーでの時間は2時間くらいにしてください。そして店から出てください。外に出るときの理由は「散歩をしたいから」です。「ちょっと酔い覚ましに」とか「外の空気を吸いたいから」と言って散歩に誘ってください。

散歩の目的は「公園に行くこと」です。それ以外の場所に行ってはいけません。公園の場所はデートをする事前に探しておきます。

ここで確認ですが、デートをする前に以下のところをすべて探して迷わずに行けるようになっておいてください。
1.バー
2.公園
3.ラブホテル

その場で、必死になって探してもありません。今まで経験があると思いますが、実は、「街中で行きたいお店を探すとない」という法則があります。
「焼き鳥食べたいな~」
なぜか繁華街のど真ん中にいるのですが
「焼き鳥屋」だけありません。

「イタリアン食べたいな~」
なぜかイタリアンだけありません。普段、イタリアンを食べたくないときは、街中でイタリアの国旗ばかり見かけるのですが。もちろん、ラブホテルもその場で急に探しはじめるとありません。だから、事前に探しておきましょう。

「すみません。公園を探してもどこにもないんですけど、どうすればいいですか?」
その場合は、最初の待ち合わせの場所やバーの場所を選ぶときに公園があるところを選んでください。

なぜ公園に行くのかというと、さらにボディタッチをするためと、キスをするためです。この2つをやるために公園に行きます。時間は早ければ早いほうがいいです。事前に公園の場所は把握して、迷わずに行けるようになっておきます。

そして「散歩しよう」と言って適当に歩いているフリして、偶然見つけたように公園に入るのがいいです。もちろん、ベンチのある公園です。

ちなみに、女性はハイヒールをはいていると、本当に歩きにくいから仮に女性も「散歩が好き」でも、なるべく遠くないところにしてください。公園まで行く間に、手をつなげればいいけど無理につなぐ必要はありません。

無理に手をつなごうとして拒否られるよりは会話をしながら、ツッコミながら女性の二の腕に軽く触ってみたり、階段とか、車が来たら腰に手を回して安全に気遣っている風を出した方がいいです。

そして、公園に入り、ベンチに横並びに2人で座ります。実は、最近の公園はホームレス対策なのかどうか分かりませんがベンチの真ん中にデコボコを置いていることが多いです。

どうしても気になる場合は、公園に行ってもベンチに座らないで2人並んで座れるような花壇のヘリとかに座ってください。

女性の前で紳士になるな!お前はセックスに興味のあるオスだ

公園に着きました。2人はベンチに座っています。あなたは、言葉少なめでいいです。そんなにしゃべる必要はありません。

それよりも、再度ボディタッチをします。目的は、「ボディタッチ」→「キス」への流れのためです。

そして、あなたは女性の
1.髪の毛に触る
2.腰に手を回す(肩に手を回す)
をやってください。

もっと早い段階で女性の髪の毛に触れればいいけど、無視はしなくてもいいです。暗い公園のベンチに2人並んで座って女性の髪の毛に触ったり、腰に手を回してください。

「無理です。そんな状況ではありません」
と思うかもしれませんが、無理なら女性もその前になんらかのサインを出しています。もし、そこまで行く前に明らかな拒否のサインがなければ触ってください。ボディタッチをしてください。

あなたは紳士ではないですよね。今までどうすればいいのか分からなくて、いろいろ考えた結果、態度が紳士になっただけで、実は紳士ではありません。

普通のセックスに興味のある「オス」です。もちろん、横に座っている女性もセックスに興味がある「メス」です。

女性だってバカではありません。男性は、仕事や趣味やいろいろありますが、女性はいろんな女友達と、今までずっと恋愛話をして勉強しています。どうすればどうなるかはあなたより知っているからここで紳士になって遠慮する必要はありません。

もし、拒否られるようなら、今までのプロセスで何かを飛ばした可能性があります。それを探してください。 たとえば、もっと「言葉」が足りなかったよなと分かったら、それを繰り返して女性に与えてください。

「ここまで来て、まだ最初から繰り返すの?」
必要な手順を飛ばしていたなら、戻ってください。拒否られて二度と会えなくなるよりはまだマシだと思います。

キスをする前の4つのチェックポイント!これができればキスは拒否されない

公園について十分にボディタッチができたらキスしてください。 ポイントですが、本当に「流れが重要」だし、今まで女性とデートをしてきて、何かを飛ばしているならキスをするのは難しいし、今までの過程をすべてキチンと踏んでいるならキスをするのは簡単です。

キスのテクニックとか、いろいろな恋愛系の本で紹介されていますが流れがあればキスをするためのテクニックなんて必要ありません。ゼロからいきなりキスに持っていくためのテクニックをがんばって覚えるなら今までの過程を1つ1つキチンとこなす方がよっぽどいいです。

「でもキスするときはどうすればいいですか?」
たしかに
「ここまで来たら、大丈夫です。自然にキスしてください」
と言われてもどうすれいいのか分からないと思うので、どうすればいいのかを言いますが、 僕の場合は、隣に座って、体が密着して、腰に手を回していて髪の毛にも触っている状態で「こっち見て」と一言言います。

で、こっちを見れば顔を近づけてキスするだけです。だから、まずは、
公園にベンチに座っている
体は密着している
髪の毛もなでている
腰にも手を回している

この状態で、「こっちを見て」とか「オレの目を見て」と言って女性があなたをちゃんと見たらキスします。もしちょっとまだ距離感があったら、ちょっと強引に彼女の頭を手のひらで押して顔を自分の方に近づけてキスをします。

ラブホテルに行くのに言葉はいらない

十分にキスをしたら、普通に「行こうか」と言って手をつないで歩き始めてください。公園から出てください。もちろん、この時点では手をつないでいます。

行き先は、ラブホテルです。女性だってキスして、手をつないで歩き始めた時点で、分かっているので、余計なことは何も言わなくてもいいです。「ホテルに行きたい」とか「抱きたい」とか言いません。黙って手を引っ張って、連れて行くだけです。

そのままラブホテルへ。事前に決めておいたラブホテルに入ってください。そしてラブホテルに入ったら、またボディタッチとキスで攻めて、彼女とセックスしてください。

女の子をセックスに誘う方法 終わりに

一番重要なことは「適切なこと」を「適切な順番」でやるということです。この2つを間違えなければ、あなたはデートに誘えた女性といくらでもセックスをすることができます。

男性にとって、セックスはものすごい「カベ」ですがなんとかがんばって、この「カベ」を乗り越えていきましょう。

先日、あるビジネスマンの方に教えてもらったのですが、「適切なこと」を教えてくれる人はたくさんいるそうです。たとえば、「努力しろ」とか「このツールを使えば儲ける」とか「今、この方法がアメリカで流行っている」とか。本当に効果のあることは、みんな言っているし、みんな間違ってはいない。

でも、残念なことに、その「適切なこと」をどうやって「適切な順番」でやっていくのか?そもそもどの順番でやるのが「適切」なのか?ということを教えてくれる人がいないと言ってました。

だから、僕は今、これだけインターネットが発達していろんな情報があふれかえっているので、適切な情報はたくさんあると思うのです。しかし、「適切な順番」でやり方を説明する人は少ないと思っています。

だから、今回は、「適切なこと」だけでなく、それ以上に「適切な順番」というものをあなたに伝えたいと思いました。

このホームページを通してあなたが素敵な女性とセックスできることが作者としての願いです。何度も読み、実践し楽しいセックスライフを送ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする